季節の生きもの情報

ここでは、六呂師高原で見られる生物を中心に、旬の情報を不定期で発信しています。

ぜひご覧ください。

バックナンバーはコチラ

赤とんぼいっぱいの六呂師高原と池ヶ原湿原のお花畑ロード(2017年9月15日号)

朝晩はすっかり涼しくなり、半袖では寒くなってきた今日この頃ですが、
そんな秋の訪れに合せるように、六呂師高原には赤とんぼ(ほとんどがアキアカネ、わずかにナツアカネ、マユタテアカネ、ノシメトンボ)の群れがやって来ました。

 

青空の中、たくさんの赤とんぼが群れて飛んでいます。

写真ではなかなか表現できませんが、
今朝は高原の爽やかな風と青空の中、
目の前には数百頭の赤とんぼが群れていました。

また牧場の有刺鉄線には、赤とんぼの行列ができていました。
行列写真の赤とんぼはすべてアキアカネです。

 

牧場の有刺鉄線の上にずらっと並んでとまるアキアカネ
どのアキアカネも同じような方向を向いているのが面白いです。

一方、池ヶ原湿原は、初夏のように絶滅危惧種の花はありませんが、
木道脇には、ミソハギ(終わりかけ)、サワヒヨドリ(満開)、ミゾソバ(咲き始め)の花が咲き、
お花畑ロードができています。

 

ミソハギ
サワヒヨドリ
ミゾソバ

朝早く行くと、葉に付いた朝露が朝日を反射させ、キラキラ光り輝いています。
これもまた見事です。

 

朝露のついたミソハギ
朝露のついたサワヒヨドリ
ミゾソバのアップ

さあ、気持ちのよい季節がやってきました。

散歩がてらに、六呂師高原にいらっしゃいませ!