季節の生きもの情報

ここでは、六呂師高原で見られる生物を中心に、旬の情報を不定期で発信しています。

ぜひご覧ください。

バックナンバーはコチラ

六呂師高原虫暦【妻平湿原ではヨツボシトンボが乱舞中】 2017年6月16日号

 晴れた日の午前中、妻平湿原の上流側に隣接する小さな湿地では、ヨツボシトンボが乱舞中です。狙いは婚活!あちこちでペア成立です。でも交尾は10秒ほどで解消され、雌はすぐに産卵を始めます。交尾中のペアの写真を狙いましたが、飛びまわるペアの写真を撮るのは至難の業。乱舞している雄の写真を狙うも、こちらもあまりの速さで、ピンボケとブレの連続写真でした。おかげさまで、削除に数時間かかりました。

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

 拡大写真をさらにクリックしていくと連続写真をご覧になれます。

 

ヨツボシトンボ1
ヨツボシトンボ2
ヨツボシトンボ3
ヨツボシトンボ4
ヨツボシトンボ5
ヨツボシトンボ6
ヨツボシトンボ7

 

湿地の水面の上の可憐なイトトンボたちもご紹介します

(でもよーく探さないと見つかりませんよ)

  • 全長22mm~32mmで爪楊枝より細いモートンイトトンボ。

    雄は腹の先がオレンジ色に染まりお洒落、雌は全身が柔らかな緑色の繊細なイトトンボです。

  • こちらは、鮮やかなブルーとブラックのコントラストが見事なエゾイトトンボ。

    モートンイトトンボより大きく、全長30mm~40mmです。

    鮮やかなブルーはよく目立つので、見つけやすいと思います。

  • こちらはエゾイトトンボを正面から撮影しました。顔が横に長く、ユーモラスな表情です。