季節の生きもの情報

ここでは、六呂師高原で見られる生物を中心に、旬の情報を不定期で発信しています。

ぜひご覧ください。

バックナンバーはコチラ

池ヶ原湿原のヨシ刈り

 ここしばらくの冷え込みにより、白山からは雪の便りも届き、間もなく県内の山も雪化粧となりそうです。六呂師高原の最上部に位置する池ヶ原湿原では、夏に私たちを楽しませてくれた草花は葉を落とし、種を飛ばし、すっかり冬支度です。

種を飛ばしたカキラン

 11月は私たちにとっても冬支度に追われる季節です。雪国福井の冬支度と言えば、とくに奥越では家屋等の雪囲いが欠かせません。実はここ池ヶ原湿原に生えるヨシは、江戸時代の1686年以降、雪囲いに用いるヨシズの材料として重宝されてきたことが地域の史誌に記録されています。この地域には、冬を前に堅く育ち軽いヨシを利用し雪に備えるという自然のリズムの中で生きる暮らしがあったのです。こうした暮らしは昭和の半ばまで続いたようですが、合成樹脂の波板など便利な物が登場とともにヨシズの役目は終わりました。

 こうした時代の変化により池ヶ原湿原では、ヨシ刈りは行われなくなり、開発の影響なども相まってハンノキなどの樹木やヨシが過度に生い茂り、明るく貧栄養な環境を好む植物が絶滅に瀕する状態となってしまいました。そこで10年前からは、ミズチドリやトキソウなど希少な植物を保全するため様々な活動が行われてきました。

 

 この保全活動の一環として、池ヶ原湿原保全・活用協議会では、毎年一般参加型のヨシ刈り活動を開催しています。先月20日に開かれた今年の活動には47名のご参加があり、地元企業や関係団体からだけではなく、自然が好きな方々などの新しい顔ぶれもありました。

心配した雨も降らず、曇り空の下のヨシ刈り

 実はこの活動、ヨシを刈るだけならまだ楽なのですが、ハンノキの芽生えや稚樹の除去も必要で、これが結構大変です。可能な限り抜き取るのですが、根っことの綱引きは非常に骨が折れます。結局綱引きに負けて、萌芽しないことを願いながらハサミで切ることになってしまうこともありました。ただ無理をしては、こういう活動は長続きしません。『おしゃべりしながら楽しく安全に』が基本です。あっという間の1時間程で予定の範囲の刈り取と運び出しを終え、大勢の力の偉大さを実感する活動となりました。

地道なハンノキとの闘い
切りそろえたヨシと一緒に集合写真

 そして先日11月2日には、地元平泉寺小学校児童や地域の皆さんによるヨシ刈りも行われました。低学年の児童らは元気いっぱい楽しみながら、ベテランの中・高学年は慣れた手つきで頼もしい限りでした。

元気にヨシを刈る平泉寺小学校の児童たち

 これらの活動で集めたヨシは和紙の原料として有効利用するため、ヨシ紙製造のノウハウをお持ちの越前市の山田兄弟製紙さんに運搬させて頂きました。来年の活動では、皆さんにヨシ紙製品を配ることができないか検討しています。乞うご期待です!

 今後もこうした活動が続き、希少な植物と地域の文化が守り伝えられることを願うばかりです。