◆今週末のイベント情報 3月30日(土)、31日(日)

【必見!美しい春の野花たち】
 六呂師高原では、あたたかな日差しとともに、春を待ちわびた植物たちの美しい姿が少しずつ見られるようになりました。
特に「キクザキイチゲ」は現在見ごろを迎えています。自然観察の森の沢沿いを中心に白色の花がいたるところに咲いています。実はキクザキイチゲには花弁はありません。花弁に見えるものはすべて萼片(がくへん)で、ほとんどが白色ですが、中には淡い青色のものもあり、見ていてとても爽やかな気持ちになります。
 次に見ごろを迎えそうなのは「ミチノクフクジュソウ」です。自然保護センターのミチノクフクジュソウ(県域絶滅危惧Ⅰ類)は、生息域外保全のため、29年前に唯一の自生地である勝山市小原地区から十数株が移植されたものです。年々増加し、現在はおよそ20m四方の斜面いっぱいに広がっています。今は5割程が咲きましたが、来週には斜面一面が黄色くなっていることでしょう。ご来館の際は、学習広場からのびる歩道横の斜面に、黄色く可愛らしい花が咲いていますのでぜひご覧ください。
 その他にも、数株のカタクリやショウジョウバカマが開花をしていました。
 今が春の野花を観察する絶好の時期です。この植物たちの美しい姿を見逃さないよう、今週末は当センターの自然観察の森を散策してみてはいかがでしょうか。

キクザキイチゲの群落
キクザキイチゲ
キクザキイチゲのアップ
カタクリ
ミチノクフクジュソウ(3/27)
ミチノクフクジュソウ(3/28)

 

≪3月30日(土)、31日(日)≫
【プラネタリウム】
 冬の星座解説と星座の物語。
 <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
      (所要時間約40分)
 <星座の物語>
  午前 「ふたご座の話」
  午後 「天の狩人オリオンの話」

 

【週末天体観望会】※3月30日(土)のみ
 <3月のテーマ> ★南の空に輝く「冬のダイヤモンド」をみよう★
 <時 間> 19:00~21:00(時間内に観察棟までお越しください)
 ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。
  また、夜はかなり冷え込みます。お越しの際は防寒の上、足元に十分にご注意ください。