収容されている傷病野生動物

フクロウ(フクロウ科)H24 10/19 福井市より

フクロウの成鳥が保護されました。

  • 保護されたフクロウ

     フクロウは首がグルンとまわりますね。ちょっとびっくりします。
     フクロウの首の骨は14個あるそうです(ちなみに、人間は7個)。骨の数が多いと首を柔軟に動かすことができます。左右にそれぞれ270度も回せるそうです!

  •  羽に粘着物がついてしまって飛べなくなったところを保護されました。羽が元に戻るまでには時間がかかりそうです。

  •  エサをよく食べ、元気に過ごしています。
    もとの生活に早く戻れるといいね。

  • ペリット

    ※フクロウの仲間には、食べたエサのうち消化できない骨や毛などを、「ペリット」という小さな固まりにして吐き出す習性があります。
     自然状態と同じようにペリットを出すことができるよう、エサに消化できない犬の毛を混ぜて与えています。

  • 1/18 エサを残さず食べて元気なフクロウです。
    このフクロウは、おとなしいです。眠そうですね。

  • 体重測定

     今日は、体重測定の日です。暴れないように「袋」に入れます。ちょっと我慢していてね。

  • 体重は950g

     体重は、950gでした。
     袋の中から出ておいで!!

  •  フクロウの「耳」を見せてもらいました。顔の大きさと比べると、大きい耳でした。
     フクロウの耳の高さは少しずれています。これは、聞こえてくる音の方向を知るためです。
     また、顔は平たくなっています。「顔盤」と言います。この部分は細かい羽毛が規則正しく生え、集音するために役目をしています。

4 / 41234