「イベント」カテゴリーアーカイブ

  • 2021.07.20

    夜、光に集まって来るたくさんの虫たちを、解説を聞きながら観察することができます。

    ※雨天中止

    ・チラシ[PDF]

  • 2021.07.03

    夏休み標本教室を開催します。福井県自然保護センターの自然観察の森で昆虫採集をした後、美しい標本を作製する方法を学びます。 7月7日(水)より受付開始

     

    日時:令和3年8月7日(土)  10:00~15:00

       小雨決行  荒天時は翌日8月8日(日)に延期

     

    • 詳しくはチラシをご覧ください

     

     

       

     

    ・チラシ[PDF]

  • 2021.06.30

    デジタル一眼レフカメラで星景写真の撮影に挑戦してみませんか。天体の固定撮影方法を学び、満天の星空の下、実際の撮影実習を行います。

     

     

     

    ・チラシ[PDF]

  • 2021.06.15

    福井県自然保護センター周辺の森で、親子で植物採集を楽しむとともに、美しい標本を作成する方法を学びます。

         

    ・チラシ[PDF]

     

     

     

  • 2021.06.15

    愛鳥教室「コウノトリ観察会」を開催します

     

         福井県と越前市では、オスのコウノトリ「ふっくん」とメスのコウノトリ「さっちゃん」を飼育し、生まれてきたヒナ9羽を野外に放鳥させたり、コウノトリが住みやすい環境整備を行うなど、コウノトリの野生復帰に向けて、取り組んできました。

         近年は毎年野生のコウノトリが福井県内で繁殖をしており、その成果が実を結びつつあります。

        そこで、福井県とコウノトリ、コウノトリ飼育の現場から、コウノトリがすむ環境づくりについて、担当者や専門家からお話を伺う講演会と野外にいるコウノトリの観察会をセットで行うイベントを実施します。コウノトリについて、これまでよりずっと詳しくなれるイベントです。ぜひご参加ください。

     

     

     

    ・チラシ[PDF]

     

  • 2021.06.09

    池ヶ原湿原恒例の湿原保全作業を6月20日(日)に実施します。

     

    ミズチドリをはじめとする希少な湿地性植物の生育地である池ヶ原湿原ですが、特定外来生物オオハンゴンソウが侵入しており、将来、湿地性植物の生育地を奪ってしまう可能性があります。また、ハンノキが繁茂しており、湿地が樹林化してしまう可能性もあります。今の湿原環境を守り、未来へとつないでいくために、6月20日(日)に(1)外来種除去と(2)ハンノキの巻き枯らしを実施します。

     どなたでもご参加いただけますので、保全作業にお力添えください。

     

     

    ・チラシ[PDF]

     

     

  • 2021.06.08

    天体望遠鏡の仕組みを学びながら、自分だけの望遠鏡を作り、天体観望をします。この教室で作った望遠鏡を使えば、月のクレーターの観察はもちろん、土星の輪まで確認することができます。夏休みの自由研究で、天体望遠鏡作りと天体観測に挑戦してみてはいかがですか。

     

    ・チラシ[PDF]

     

  • 2021.05.28

    一般から公募した普段は見ることができない県内で撮影された天体写真や星空写真を展示します。

     

    ・チラシ[PDF]

  • 2021.05.25

    白山信仰の拠点として中世に栄えた白山平泉寺。苔の美しい所として有名ですが、他にも魅力がいっぱいです。日本遺産に認定された白山平泉寺境内には、計画的に作られた石垣や石畳など、石が語るストーリーがあります。石と苔、この2つの魅力に迫ります。

    ※少雨決行、荒天時は翌日延長

    ・チラシ[PDF]

     

     

     

     

  • 2021.05.21

    七夕の夜、二胡の演奏とともに織姫星や彦星、天の川、夏の天体を観望します。

    ・チラシ[PDF]