「特別観望会」カテゴリーアーカイブ

  • 2018.10.28

     太陽系の中でも外側にある天王星と海王星や、銀河の女王と呼ばれるアンドロメダ大銀河を口径80cmの巨大望遠鏡で観望します。「見上げてゴロン、夜の星を」コーナーでは、秋や冬の星座解説や、スバルなどの星団を観望します。

    ※曇・雨天時は、アンドロメダ大銀河や天王星や海王星の話やプラネタリウムの上映をします。

    ▼詳しくはチラシをご覧ください。

    アンドロメダ大銀河と天王星・海王星をみよう

    ▼チラシをダウンロード

     チラシ(PDF)

     チラシ(JPG)

     

  • 2018.09.11

     今年の中秋の名月は満月1日前の月です。肉眼だけでなく、双眼鏡や望遠鏡で名月を観望します。望遠鏡でのぞく月はびっくりするほどの明るさで、クレーターなどの表面の様子をはっきりと観察できます。同時に、月の大きさや表面の模様調べも行います。

    ※曇・雨天時はの話やプラネタリウムの上映をします。

    ▼詳しくはチラシをご覧ください。

    中秋の名月

     

    ▼チラシをダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

     

  • 2018.09.11

     シルバーウィークに天体観望会を開催します。

     惑星の中で最も大きな環をもつ土星。今年もその美しい環を、巨大望遠鏡で観察する絶好のチャンスです!環は15年周期できれいに見える時期がきます。

     また、7月31日に15年ぶりに地球に大接近した火星。9月中旬でも最遠時の約5倍の大きさに見えます!夏休みに見逃した人も、まだ大きな火星をご覧になれます。

    ▼詳しくは下のチラシをご覧ください。

    ▼チラシダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

     

  • 2018.07.13

     お盆には、ご家族やご親戚、お友達のみなさんと一緒にふるさとの美しい星空を眺めてみませんか。土星や木星、火星などの惑星に加え、夏の代表的な星団や星雲を観望します。

     「見上げてゴロン、夜の星を」コーナーでは夏の星座解説のほか、ペルセウス座流星群の観察も実施します!極大日は過ぎていますが、まだ流星が見られるかもしれませんよ…。

    ※曇・雨天時は夏の天体の話やプラネタリウムの上映をします。

    ▼詳しくは下のチラシをご覧ください。

     

    お盆には星を…

     

    ▼チラシをダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

     

  • 2018.07.03

     15年ぶりに大接近する火星を観望します。-2.8等の赤い光を放って輝く大接近時の火星は、夏の夜空でとても目立ち、今年は絶対に見逃せない天体ショーです。当日は、火星の話やクイズを楽しみながら、巨大天体望遠鏡で、火星の表面の模様まで観察します。また、火星に加え、銀河や惑星状星雲、星団なども観望します。野外の「見上げてゴロン、夜の星を」コーナーでは、火星や夏の星座の解説を聞きながら、観望を楽むことができます。

    ※曇・雨天時は火星の話やプラネタリウムの上映をします。

     

    ▼詳しくは下のチラシをご覧ください。

     

    火星大接近

     

    ▼チラシをダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2018.06.07

     七夕にちなんで、天の川や織姫星(ベガ)、彦星(アルタイル)にスポットを当てた観望会を実施します。「見上げてゴロン、夜の星を」のコーナーでは、普段はなかなか見ることができない天の川を観望できます。また、巨大天体望遠鏡では、織姫星(ベガ)や彦星(アルタイル)はもちろん、土星や木星、星団や星雲を観望できます。七夕の夜、六呂師の満天の星空の下で願いごとをしませんか。ぜひお越しください。

    ※曇・雨天時は七夕の話やプラネタリウムの上映

    ▼詳しくは下のチラシをご確認ください。

     

    七夕

     

     ▼チラシをダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2018.03.27

    ゴールデンウィークの夜にご家族、お友達、恋人と楽しめる天体観望会を開催します。木星やソンブレロ銀河など春の天体を観望します。

     野外には大好評の「見上げてゴロン、夜空の星を」コーナーを設置!寝ころびながら満天の星空や星座解説を楽しんでいただけます。

    ※曇・雨天時は春の天体の話やプラネタリウムの上映をします。

     

    木星
    M104ソンブレロ銀河

    詳細はチラシにてご確認ください。

     

     

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2018.03.27

     今年の中秋の名月は満月1日前の月です。肉眼だけでなく、双眼鏡や望遠鏡で名月を観望します。望遠鏡でのぞく月はびっくりするほどの明るさで、クレーターなどの表面の様子をはっきりと観察できます。また、月の大きさや表面の模様調べも行います。

    ※曇・雨天時はの話やプラネタリウムの上映をします。

     

     

    詳細は決まりしだい、このページでお知らせします。

     

     

  • 2018.03.27

     太陽系の中でも外側にある天王星や海王星や銀河の女王と呼ばれるアンドロメダ大銀河を口径80㎝の巨大望遠鏡で観望します。また、スバルなど星団も観望します。

    ※曇・雨天時は、アンドロメダ大銀河や天王星や海王星の話やプラネタリウムの上映をします。

     

    M31 アンドロメダ大銀河
    天王星
    海王星

     

    詳細は決まりしだい、このページでお知らせします。