カテゴリー別アーカイブ: イベント

  • 2017.09.20

     今年の中秋の名月は満月2日前の月です。肉眼だけでなく、双眼鏡や望遠鏡で名月を観望します。また、月の大きさや表面の模様調べも行います。

    ※曇・雨天時はの話やプラネタリウムの上映をします。

     

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.09.12

    ヨシ刈り02:BO-GA

     

     池ヶ原湿原は、ミズチドリやレンゲツツジ、カキラン、トキソウ、ノカンゾウ、コバキボウシなど貴重な植物が自生する県内随一の湿原です。この湿原と湿原に生育する貴重な植物を保全し、未来へとつないでいくため、ヨシを刈り取る活動にご協力いただけませんか。

    ※少雨決行。作業実施の有無は、当日8:30以降に自然保護センターまで、お問い合わせください。

     

    ●内容

    ・カマやハサミを使って、ミズチドリの周りに生えているヨシを刈り取ります。

    ・ハンノキの芽ばえを、根から引き抜きます。

    ・刈られた草を集め、湿原の外に運び出します。

     ☆作業の方法は、スタッフが説明いたします。

     

    ●服装

     汚れてもよい服装(長袖、長ズボン)、帽子、長靴、軍手(イバラがあるので皮手がおすすめです)、雨ガッパ

     

    ●持ち物

     草刈り鎌(持っている方)、お茶、タオル

     

    【主催】池ヶ原湿原保全・活用協議会

     

    ヨシ刈り01:BO-GA

     

    ▼チラシダウンロード

    ポスター(PDF)

  • 2017.09.10

     六呂師高原は全国でも有数の星空観望スポットです。普段の天体観望会では望遠鏡を使って、季節の星座の中にある様々な天体を観望していただいています。

     望遠鏡を使っての観望では空の狭い範囲しか見ることができないため、広い星空の中での星座や天体の位置関係をつかみづらくなります。そこで、この天文教室では望遠鏡での観望に加え、野外にて肉眼や双眼鏡での観望を行い、六呂師高原の美しい星空を満喫していただきます。双眼鏡での観望は、肉眼で見るよりはるかに見える星の数が増えるため、肉眼とは違った星空体験をすることができます。また、望遠鏡と双眼鏡の天体の見え方の違いをお楽しみいただけます。

    ※曇雨天時は天体の話とプラネタリウムを上映

     

     

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.08.22

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     六呂師は晴れていれば肉眼でも天の川を観察できる場所です。そんな全国有数の星空スポットで美しい天の川の撮影に挑戦してみませんか。この教室ではデジタル一眼レフカメラを使った天体の固定撮影の方法を学びます。

    ※曇雨天延期→9/23 9/23が曇雨天の場合→中止

     

    観察棟と天の川

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.08.22

     秋の連休に天体観望会を開催します。15年ぶりに環の最も開いた土星を観望します。そのほかにも夏・秋の様々な天体を観望します。

    ※曇・雨天時は土星の話やプラネタリウムの上映をします。

     

    土星(2017年5月21日撮影 オヤット天文クラブ 橋本恒夫氏)

     

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.08.10

    ※8月13日当日は大野市の大花火大会が開催されます。それに伴い、18:30~22:00まで、富田大橋周辺が通行止めとなっています。時間をずらしたり、迂回路を通ったりするなどして、気を付けてお越しください。

     

    六呂師スキーパーク周辺の駐車場でも星空観察ができます。

     「ミルク工房奥越前」や「六呂師高原トロン温浴施設 うらら館」の夜間営業が実施

     され、快適に星空観察できます。

     資料はこちらから

     

     ふるさとの美しい星空をご家族やご親戚、お友達のみなさんと一緒に楽しむ観望会です。夏の代表的な星雲や星団を観望します。13日の午前4時がペルセウス座流星群の極大日時なので流星の観察も期待できます。野外の「見上げてゴロン、夜の星を」コーナーでは、寝転がりながらの星空や流星観察を行いますが、スペースや席数に限りがあり、交代しながらのご利用をお願いしています。野外でゆっくりと星空観察をご希望される場合は、厚手のレジャーシートを持参ください。

    ※曇・雨天時は夏の天体の話やプラネタリウムの上映をします。

     

    2016年8月12日撮影のペルセ渦座流星群(撮影 オヤット天文クラブ 橋本恒夫氏)

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

     

  • 2017.07.10

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

    三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」。今年は8月13日の午前4時ごろに極大をむかえます。運が良ければ、本物の星降る夜をあなたにお届けします。

    みんなで寝っ転がり、天文の専門家の解説を聞きながら、流星を観察します。厚手のレジャーシートをご用意ください。

    ※曇・雨天時中止

     

    2016年8月12日撮影のペルセ渦座流星群(撮影 オヤット天文クラブ 橋本恒夫氏)

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.07.04

     この日は夕焼け時の西の空で、水星が月齢1.7の細い月に隠れる「水星食」という天文現象が起こります。その水星食を望遠鏡や双眼鏡で観望します。なかなか目にすることのできないめずらしい天文現象ですので、ぜひご覧ください。

     また、水星食の終了後は木星や土星の観望をします。

    ※曇・雨天時は水星食の話やプラネタリウムの上映をします。

     

    イメージ(この写真は月齢2.1の月に金星が接近した様子)

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.06.30

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

     親子で自然に触れ、昆虫の生態を観察しながら昆虫採集を体験し、美しい標本を作成する方法を学びます。これで夏休みの自由研究はバッチリ!

     

     

    ※少雨決行、荒天時は翌日に延期

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ表(JPG) チラシ裏(JPG)

  • 2017.06.25

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

     スマホやケータイ、コンデジで望遠鏡越しに月や木星、土星などの天体を撮影をしてみませんか。望遠鏡などの接眼レンズに直接カメラを向けて撮影することをコリメート撮影といいます。惑星などを大きく撮影する際に用いられる手法です。

     普段の観望会では撮影に時間がかかるためお断りすることがありますが、この天文教室では人数限定で行い、時間の許す限り様々な天体の撮影に挑戦していただきます。撮影した写真を印刷して部屋に飾ったり、SNSで公開して友達に自慢したりしてみませんか。夏休みの自由研究の資料にするのもおすすめです。

    ※曇・雨天時中止

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)