「イベント」カテゴリーアーカイブ

  • 2020.02.16

     冬の夜空に見ることができる星座や天体をプラネタリウム(30分)で学習した後に、本物の星空を見ながら星座等を観望し(45)分ます。また、福井県最大の天体望遠鏡で、その時に見られる天体を詳しく観望(45分)します。プラネ、望遠鏡、野外とフルコースで、解説を聞きながら六呂師高原の美しい星空を楽しむことができる教室です。
    ※積雪、曇雨天時は星空解説と天文関係の工作を行います。

    ▼詳しくはチラシをご覧ください。

     

    ●チラシ【JPG】

    ●チラシ【PDF】

  • 2020.02.15

     春の夜空に見ることができる星座や天体をプラネタリウム(30分)で学習した後に、本物の星空を肉眼や双眼鏡でゆっくり観望し(45分)ます。また、福井県最大の天体望遠鏡で、春の夜空に隠れている銀河をじっくり観察(45分)します。プラネタリウム、望遠鏡、野外とフルコースで、解説を聞きながら六呂師高原の美しい星空を楽しむことができる教室です。
    ※荒天時はプラネタリウムと天体の話を行います。

    ●チラシをダウンロード(JPG)チラシ(PDF)

  • 2020.01.02

     春の天体や星座についての解説を聞きながら、今年最も明るくなる「宵の明星」である金星を、望遠鏡や双眼鏡で観望します。

    望遠鏡で見る金星はどんな形に見えるのか、じっくり観察しにぜひお越しください。
    ※荒天時は、プラネタリウムや天体の話。

    ▼詳しくはチラシをご覧ください。

    ・チラシをダウンロード【JPG】 ・チラシ【PDF】

  • 2020.01.01

     春の天体や星座についての解説を聞きながら、すばるに接近する金星を、望遠鏡や双眼鏡で観望します。明るい星の集まりである「すばる」も双眼鏡などでじっくり観察するととってもきれいです。
    ※荒天時は、プラネタリウムや天体の話。

    ▼詳しくはチラシをご覧ください。

    ・チラシをダウンロード【JPG】 ・チラシ【PDF】

  • 2019.12.23

    定員に達しましたので、受付を終了しました。

     

     洋風かんじき「スノーシュー」を履いて、雪の森の中を探検し、雪遊びを楽しみませんか。雪上の視点から植物や普段見ることのできない動物の痕跡や知恵を観察し、冬を生き抜く生き物の知恵を学びます。
    ※荒天時2020 2/9に順延

    ▼詳しくはチラシをご覧ください。

    ・チラシ【JPG表】【JPG裏】

  • 2019.05.19

     池ヶ原湿原では、保全活動により再生された多様な湿原の生物たちについて学ぶことができます。また、季節に応じて、湿原に群生する貴重な植物たちは一見の価値有りです。自然観察の専門家によるガイド付きで、誰でも気軽に自然と触れ合うことができます。ぜひご参加ください。

    【見ごろとなる動植物】

    <植物>レンゲツツジなど

    <動物>モリアオガエル・オオルリボシヤンマ・エゾイトトンボ・ギンヤンマ・ショウジョウトンボなど

    ※少雨決行、荒天中止

    池ケ原湿原チラシ

    ▼チラシをダウンロード

    ・チラシ【PDF】

    ・チラシ【JPG表面】【JPG裏面】

  • 2015.09.26

    DSC_5353

    池ヶ原湿原は県内随一の湿原です。この湿原と湿原にするトンボや植物を保全し、未来へとつないでいくため、ヨシを刈り取る活動をしてみませんか?

    ●内容

    ・カマやハサミを使ってヨシを刈り取ります。

    ・ハンノキの芽ばえを根から引き抜きます。

    ・刈られた草を集め、湿原の外に運び出します。

     

    ※少雨決行。作業実施の有無は、当日8:30以降に自然保護センターまで、お問い合わせください。

     

    ▼ダウンロード

    ポスター表面(JPG)  ポスター裏面(JPG)

    ポスター(PDF)