カテゴリー別アーカイブ: イベント

  • 2017.07.10

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

    三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」。今年は8月13日の午前4時ごろに極大をむかえます。運が良ければ、本物の星降る夜をあなたにお届けします。

    みんなで寝っ転がり、天文の専門家の解説を聞きながら、流星を観察します。厚手のレジャーシートをご用意ください。

    ※曇・雨天時中止

     

    2016年8月12日撮影のペルセ渦座流星群(撮影 オヤット天文クラブ 橋本恒夫氏)

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.07.10

     ふるさとの美しい星空をご家族やご親戚、お友達のみなさんと一緒に楽しむ観望会です。夏の代表的な星雲や星団を観望します。13日の午前4時がペルセウス座流星群の極大日時なので流星の観察も期待できます。野外の「見上げてゴロン、夜の星を」コーナーでは、寝転がりながらの星空や流星観察を行いますが、スペースや席数に限りがあり、交代しながらのご利用をお願いしています。野外でゆっくりと星空観察をご希望される場合は、厚手のレジャーシートを持参ください。

    ※曇・雨天時は夏の天体の話やプラネタリウムの上映をします。

     

    2016年8月12日撮影のペルセ渦座流星群(撮影 オヤット天文クラブ 橋本恒夫氏)

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

     

  • 2017.07.04

     この日は夕焼け時の西の空で、水星が月齢1.7の細い月に隠れる「水星食」という天文現象が起こります。その水星食を望遠鏡や双眼鏡で観望します。なかなか目にすることのできないめずらしい天文現象ですので、ぜひご覧ください。

     また、水星食の終了後は木星や土星の観望をします。

    ※曇・雨天時は水星食の話やプラネタリウムの上映をします。

     

    イメージ(この写真は月齢2.1の月に金星が接近した様子)

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.06.30

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

     親子で自然に触れ、昆虫の生態を観察しながら昆虫採集を体験し、美しい標本を作成する方法を学びます。これで夏休みの自由研究はバッチリ!

     

     

    ※少雨決行、荒天時は翌日に延期

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ表(JPG) チラシ裏(JPG)

  • 2017.06.25

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

     スマホやケータイ、コンデジで望遠鏡越しに月や木星、土星などの天体を撮影をしてみませんか。望遠鏡などの接眼レンズに直接カメラを向けて撮影することをコリメート撮影といいます。惑星などを大きく撮影する際に用いられる手法です。

     普段の観望会では撮影に時間がかかるためお断りすることがありますが、この天文教室では人数限定で行い、時間の許す限り様々な天体の撮影に挑戦していただきます。撮影した写真を印刷して部屋に飾ったり、SNSで公開して友達に自慢したりしてみませんか。夏休みの自由研究の資料にするのもおすすめです。

    ※曇・雨天時中止

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.06.24

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     天体望遠鏡の仕組みを学びながら、自分だけの望遠鏡を手作りします。作成後は望遠鏡を使う練習をして、実際に野外で天体観望を行います。作製した望遠鏡で月を観察すれば、クレーターなどの表面の様子がはっきりと観察できます。また、土星の輪も確認できます。これで夏休みの自由研究はバッチリ!

    ※曇雨天時は望遠鏡を作成後、望遠鏡の使い方の解説と天体の話をします。

     

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2017.06.16

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

     親子で自然に触れ、植物の生態を観察しながら植物採集を体験し、美しい標本を作成する方法を学びます。これで夏休みの自由研究はバッチリ!

     

     

    ※少雨決行、荒天時は翌日に延期

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ表(JPG) チラシ裏(JPG)

  • 2017.06.01

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

     三内山の山麓にある沓見湿原を散策しながら、ノハナノショウブなど湿原特有の花やオミナエシなどの貴重な花を観察します。また、ギンヤンマやショウジョウトンボなど湿原のトンボも観察します。

    ※歩行距離 約4km

    ※少雨決行、荒天時は翌日に延期

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ表(JPG) チラシ裏(JPG)

  • 2017.05.25

    ヨシ刈り02:BO-GA

     

     池ヶ原湿原は、絶滅危惧植物ミズチドリの県内随一の生育地です。このミズチドリを保全し、未来へとつないでいくため、ヨシを刈り取る活動をしてみませんか?

     また、池ヶ原湿原はミズチドリ以外にもレンゲツツジやカキラン、トキソウ、ノカンゾウ、コバキボウシなど貴重な植物が自生しています。このヨシ刈りはこれらの植物を保全することにもなります。

    ※少雨決行。作業実施の有無は、当日8:30以降に自然保護センターまで、お問い合わせください。

     

    ●内容

    ・カマやハサミを使って、ミズチドリの周りに生えているヨシを刈り取ります。

    ・ハンノキの芽ばえを、根から引き抜きます。

    ・刈られた草を集め、湿原の外に運び出します。

     ☆作業の方法は、スタッフが説明いたします。

     

    ●服装

     汚れてもよい服装(長袖、長ズボン)、帽子、長靴、軍手(イバラがあるので皮手がおすすめです)、雨ガッパ

     

    ●持ち物

     草刈り鎌(持っている方)、お茶、タオル

     

    【主催】池ヶ原湿原保全・活用協議会

     

    ヨシ刈り01:BO-GA

     

    ▼チラシダウンロード

    ポスター(PDF)

  • 2017.05.19

     最近減少し県域準絶滅危惧種に選定されたコシアカツバメ。その巣は徳利を半分にしたような独特の形をしています。今回は、南条中学校の集団営巣地を観察し、巣のある環境や建築物の構造、イワツバメなどの他のツバメ類との体や巣の形の違いなどを調べ、なぜ減っているのかを考えます。

    ※少雨決行、荒天時は翌日に延期

     

    詳細はチラシにてご確認ください。

    ▼ダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ表(JPG) チラシ裏(JPG)