特別観望会

特別観望会 星空観望ゴールデンウィーク -木星と春の天体をみよう-

●:CST(福井大学)対象講座  

ゴールデンウィークの夜にご家族、お友達、恋人と楽しめる天体観望会を開催します。木星やソンブレロ銀河など春の天体を観望します。

 野外には大好評の「見上げてゴロン、夜空の星を」コーナーを設置!寝ころびながら満天の星空や星座解説を楽しんでいただけます。

※曇・雨天時は春の天体の話やプラネタリウムの上映をします。

 

木星
M104ソンブレロ銀河

詳細はチラシにてご確認ください。

 

 

▼ダウンロード

チラシ(PDF)

チラシ(JPG)

開催日2018年04月28日〜、4月29日、5月4日、5月5日
開催時間19:30~21:30
場所自然保護センター 観察棟
対象どなたでも参加できます(中学生以下は保護者同伴)
定員なし
参加費無料
事前申込み

不要

特別観望会 七夕の夜 -織姫星と彦星をみよう-

●:CST(福井大学)対象講座  

 七夕の夜、六呂師の満天の星空の下で願いごとをしませんか。天の川やおりひめ星(ベガ)、ひこ星(アルタイル)、そのほか夏の天体の観望をします。

※曇・雨天時は七夕の話やプラネタリウムの上映

 

 

 

詳細は決まりしだい、このページでお知らせします。

開催日2018年07月07日
開催時間19:30~21:30
場所自然保護センター 観察棟
対象どなたでも参加できます(中学生以下は保護者同伴)
定員なし
参加費無料
事前申込み

不要

特別観望会 15年ぶりの大接近!巨大な火星をみよう

●:CST(福井大学)対象講座  

 火星は約2年2カ月の周期で地球に最接近します。最接近時の地球と火星の距離はいつも同じではなく、理論上最も近いときには約5400km、遠いときには1億kmを超えます。今回の最接近時の距離は約5759kmであり、これは2003年の距離、約5575km並であり、15年ぶりの大接近と言えます。

 このように惑星が地球に近づくと、見かけの大きさがかなり大きくなり、光度がー2.8等と非常に明るくなります。この大接近の火星を口径80㎝の巨大反射式望遠鏡を使って観望します。遠いときには見ることのできない火星の表面の様子を観察することができます。大気の条件が良ければ、南極冠を確認することができるかもしれません。

 

 この火星大接近の特別観望会では以下のコーナーを予定しています。ぜひご体験ください。

①大接近の火星のスケッチに挑戦しよう!

 望遠鏡に冷却CCDカメラを接続して撮影した火星の映像を見ながら、火星の表面のスケッチに挑戦することができます。

②スマホやケータイで大接近の火星を撮影しよう!

 望遠鏡ののぞき口(アイピース)にスマートフォンなどのカメラを近づけて、大接近の火星を撮影できます。15年ぶりの大きな火星の写真をお土産にできます。

 

雨天・曇天時は火星の解説やプラネタリウムの上映をします。

 

(c)NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScIAURA), J. Bell (Cornell University), and M. Wolff (Space Science Institute, Boulder)
(c)NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScIAURA), J. Bell (Cornell University), and M. Wolff (Space Science Institute, Boulder)

 

詳細は決まりしだい、このページでお知らせします。

開催日2018年07月31日
開催時間19:30~21:30
場所自然保護センター 観察棟
対象どなたでも参加できます(中学生以下は保護者同伴)
定員なし
参加費無料
事前申込み

不要

特別観望会 お盆には星を・・・

●:CST(福井大学)対象講座  

 ふるさとの美しい星空をご家族やご親戚、お友達のみなさんと一緒に楽しむ観望会です。夏の代表的な星雲や星団を観望します。

 野外の「見上げてゴロン、夜の星を」コーナーでは、寝転がりながらの星空や天体の解説を行いますが、スペースや席数に限りがあり、交代しながらのご利用をお願いしています。野外でゆっくりと星空観察をご希望される場合は、厚手のレジャーシートを持参ください。

※曇・雨天時は夏の天体の話やプラネタリウムの上映をします。

 

2016年8月12日撮影のペルセ渦座流星群(撮影 オヤット天文クラブ 橋本恒夫氏)

六呂師スキーパーク周辺の駐車場でも星空観察ができます。

 「ミルク工房奥越前」や「六呂師高原トロン温浴施設 うらら館」の夜間営業が実施され、快適に星空観察できます。

 

詳細は決まりしだい、このページでお知らせします。

 

開催日2018年08月14日
開催時間19:30~21:30
場所自然保護センター 観察棟
対象どなたでも参加できます(中学生以下は保護者同伴)
定員なし
参加費無料
事前申込み

不要

特別観望会 星空観望シルバーウィーク ー土星と火星をみようー

●:CST(福井大学)対象講座  

秋の連休に天体観望会を開催します。土星や7月末に大接近をした火星を中心として観望します。月齢5~6の月、夏や秋の天体も観望します。

 

土星(2017年5月21日撮影 オヤット天文クラブ 橋本恒夫氏)

 

詳細は決まりしだい、このページでお知らせします。

開催日2018年09月15日〜、9月16日
開催時間19:30~21:30
場所自然保護センター 観察棟
対象どなたでも参加できます(中学生以下は保護者同伴)
定員なし
参加費無料
事前申込み

不要

1 / 212