「天文教室」カテゴリーアーカイブ

  • 2018.11.20

     県内屈指の夜空の暗さを誇る六呂師高原では、冬のダイヤモンドと呼ばれる7つの一等星(ベテルギウス、リゲル、シリウス、プロキオン、ポルックス、カペラ、アルデバラン)や天の川をはじめ、美しい星たちが空いっぱいに広がっています。

     しかし、この星空は本当に美しい星空と言い切れるのでしょうか。現在の日本は都市化が進み、いたる所で電灯の光(光害)が溢れています。今まできれいな星空を見ることのできた地域でも、その光害が夜空を明るくすることで、その環境が今後失われていく可能性があります。この星空環境を守るために、今我々にできることは何でしょうか。

     この講演会では、福井工業大学の中城智之教授が、どうしたらこの美しい星空を残していけるかについて、地域活性化の観点も含めて、参加者の方々と対話をしながら講演します。

     

    ▼詳しくはチラシをご覧ください。

    ▼チラシをダウンロード

     チラシ(PDF)

     チラシ(JPG表面裏面)

  • 2018.11.02

    9日午後は悪天候が予想されるため、今回の天文教室は実施しないこととします。ご了承ください。

     

    テレビや本で見たことがある美しい星雲や銀河、星団などの天体写真を撮影してみませんか。望遠鏡にカメラを取り付け、天体写真を撮影する直焦点撮影の方法を学びます。望遠鏡やデジタル一眼レフカメラは講師のものを使用するので、お持ちでない方でもご参加いただけます。

     

    ※雨天・曇天決行 星が見えない場合は直焦点撮影の方法の解説や講師が撮影した天体写真の紹介を行います。

    アンドロメダ大銀河

    ▼詳しくはチラシをご覧ください。

    直焦点撮影

    ▼チラシをダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2018.08.24

    定員に達しましたので、受付を終了させていただきます。

     六呂師高原は晴れていれば肉眼でも天の川を観察できる場所です。そんな全国有数の星空スポットで美しい天の川の撮影に挑戦してみませんか。

     この教室ではデジタル一眼レフカメラを使った天体の固定撮影の方法を学びます。マイカメラで素敵な1枚を撮りましょう。

    ※雨天・曇天決行 星が見えない場合は、固定撮影の方法について解説のみ実施します。

    ▼チラシをご確認ください。

    天の川
    天の川の撮影に挑戦

     

    ▼チラシをダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

     

  • 2018.07.12

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     8月12日から13日にかけて、三大流星群のひとつである「ペルセウス座流星群」が極大を迎えます。家族で、仲間で、寝転がりながら流星を探してみませんか?天文の専門家の解説を聞きながら、流星を観察します。運が良ければ、本物の星降る夜をあなたにお届けします。

    ※雨天・曇天時中止

    ▼詳しくは下のチラシをご覧ください。

     

     

    チラシをダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

     

  • 2018.06.21

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     スマホやケータイ、コンデジで望遠鏡越しに月や木星、土星などの天体を撮影をしてみませんか。望遠鏡などの接眼レンズに直接カメラを向けて撮影することをコリメート撮影といいます。惑星などを大きく撮影する際に用いられる手法です。

     普段の観望会では撮影に時間がかかるためお断りすることがありますが、この天文教室では人数限定で行い、時間の許す限り様々な天体の撮影に挑戦していただきます。撮影した写真を印刷して部屋に飾ったり、SNSで公開して友達に自慢したりしてみませんか。夏休みの自由研究の資料にするのもおすすめです。

    ※雨天・曇天決行 撮影予定だった天体や撮影の方法の解説、プラネタリウム上映を行います。

     

    ▼詳しくは下のチラシをご覧ください。

     

    スマホやケータイで星を撮ろう

     

    ▼チラシをダウンロード

    チラシ(JPG)

    チラシ(PDF)

  • 2018.06.13

    ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     天体望遠鏡の仕組みを学びながら、自分だけの望遠鏡を手作りします。作成後は望遠鏡を使う練習をして、実際に野外で天体観望を行います。作製した望遠鏡で月を観察すれば、クレーターなどの表面の様子がはっきりと観察できます。また、土星の輪も確認できます。これで夏休みの自由研究はバッチリ!

    ※曇雨天時は望遠鏡を作成後、望遠鏡の使い方の解説と天体の話をします。

     

    ▼詳しくは下のチラシをご覧ください。

     

    望遠鏡を作ってみよう

     

    ▼チラシをダウンロード

    チラシ(PDF)

    チラシ(JPG)

  • 2018.03.27

    テレビや本で見たことがある美しい星雲や銀河、星団などの天体写真を撮影してみませんか。望遠鏡にカメラを取り付け、天体写真を撮影する直焦点撮影の方法を学びます。望遠鏡やデジタル一眼レフカメラは講師のものを使用するので、持っていない方でも参加いただけます。

     

    ※雨天・曇天決行 星が見えない場合は直焦点撮影の方法の解説や講師が撮影した天体写真の紹介を行います。

     

    アンドロメダ大銀河

     

    詳細は決まりしだい、このページでお知らせします。