「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

  • 2018.01.13

    【大賑わい!冬の野鳥レストラン】

     今週は六呂師にも雪がたくさん降りました。冬の野鳥レストランの窓から見える森の景色は、まっさらな白い雪で見とれるほどの美しさです。

     

     レストランを訪れる野鳥の種類が増えてきました。ヤマガラやシジュウカラ、コガラ、コゲラ、カケスなどは相変わらずよく来ていますし、アカゲラやオオアカゲラはエサの牛脂の存在に気が付いたようで、ここ2日(1月11日現在)は連続で訪れています。アカゲラは一日に数回はエサを食べに来ており、2羽のオスが同時に現れることもありました。オオアカゲラは本日(1月11日)は3回餌場を訪れており、例年以上に見るチャンスは多いと思います。

     

     また、昨年度の野鳥レストランで連日のように姿を見せてくれたニホンリスが昨日、今シーズンではじめてこちらが用意したクルミを食べました。クルミがあることが分かれば、今後定期的にレストラン周辺を訪問する可能性があります。近くまで寄ってくるようになりましたら、このページで改めてご紹介します。

     

     野鳥たちで大賑わいの冬の野鳥レストランです。ぜひかわいい野鳥たちの姿をご覧になってみませんか。みなさんのお越しをお待ちしております。

     

    レストランの看板の左にシジュウカラ、右にヤマガラ、右奥にアカゲラがいます。三役そろい踏みです。
    今年はヤマガラの数がとても多く、シャッターチャンスに困りません。間近でかわいい姿を撮影してみませんか。
    警戒心が強く、あまり近くまで寄ってこないコガラですが、今年は窓のすぐ近くのエサ台にもよく来ます。
    アカゲラのオスも昨日からエサ台近くの立木をよく訪れています。
    エサをたくさん食べて疲れたのか、休憩中のようです。羽毛を立たせて玉のようになっているのがかわいいです。
    足を使って毛づくろい中。片足と尾羽を使って体を支えており、なかなか器用です。表情が気持ちよさそうです。
    同じ木の近いところに、オオアカゲラとヤマガラとシジュウカラがいます。なかなか見ることのできない光景です。

     

    お知らせ

    1月10日(水)より里山観察ウォーク「スノーシューで森の探検!」の申し込みを受付中です。ご希望の方はお早目にお申し込みください。

     

    1月13日(土) 1月14日(日) 

    ●本館

     大好評!【冬の野鳥レストラン】

    冬の野鳥レストラン開店しました

     近くでじっくりと観察することが難しい野鳥ですが、冬の野鳥レストランではあたたかい室内からエサ台に集まるたくさんの野鳥を間近で観察・撮影できます。お子さんは野鳥をモチーフにした壁飾り作りもできます(無料)。

     

    野鳥の壁飾り作りをすることができます。

     

    <日 時>1月5日(金)~2月28日(水)の開館日

         9:00~17:00

         土曜・日曜・祝日の10:00~15:00にはガイドを実施

    <場 所> 本館2階 森の学習室

     

     特別展【奥越地方の野鳥と獣たち】

     

     奥越地方に生息する野鳥と獣たちを迫力の写真やはく製でご紹介します。

     

    オオルリ

     写真展示では夏鳥・冬鳥・留鳥・旅鳥・冬の野鳥レストランの訪問鳥などを取り上げています。また、はく製展示ではイノシシやツキノワグマなどの獣たちや猛禽類を展示しています。中でも2017年に寄贈されたヤマドリを捕えたクマタカのはく製は大迫力で必見です。

      また「写真投稿コーナー」を設置しています。みなさまが撮影された野鳥の写真を掲示させていただきますので、とっておきの一枚をぜひご提供ください。

     

     <場 所> レクチャーホール

     <時 間> 9:00~17:00 

     

    【保護中のリスのエサやりを公開します!】

     ※土日だけではなく開館日には公開します。

     現在、保護飼育中のニホンリスのエサやりを公開します。手を器用に使って、松ぼっくりやクルミなどのエサを食べる愛らしい様子をご覧になることができます。

     

     

     

     <場 所> 工作室

     <時 間> ①10:00~ 

           ②14:30~

              (午後の時間を変更しました。ご注意ください。)

     

     ◆保護飼育中のニホンリスについて◆

     2017年9月23日に福井市の文殊山の登山口で衰弱して地面にうずくまっているところを発見され、翌日センターまで届けられました。発見時は生後2か月の幼獣(オス)で、乳離れして間もない時期でした。犬用の粉ミルクやナッツなどを与えて元気を取り戻しましたが、まだ自力で自然のエサを得ることができません。ニホンリスは山林に生息していますが、実物を見る機会は少ないです。センターではこの機会に実物のニホンリスをみなさまに見ていただくことを通して、身近な自然にもリスが生息していることを知っていただき、自然や命の大切さを実感していただきたいと考えております。

    【冬の星空ガイド】

     

     冬の星空解説や星座の物語を上映します。冬は星空の美しい季節です。星空ガイドを見れば、冬の星座を見分けることができるようになります。

     物語 「オリオン座の話」

     参加者には、冬の星座のしおりをプレゼントします。

     <場 所> 本館2階 会議室

     <時 間> ①11:00~ ②14:00~ ③15:00~

            (所要 30分程度)

    ★観察棟 ※積雪により観察棟が使用できません。

           プラネタリウムや週末天体観望会は休止します。

             3月より再開予定です。

  • 2017.09.15

    朝晩はすっかり涼しくなり、半袖では寒くなってきた今日この頃ですが、
    そんな秋の訪れに合せるように、六呂師高原には赤とんぼ(ほとんどがアキアカネ、わずかにナツアカネ、マユタテアカネ、ノシメトンボ)の群れがやって来ました。

     

    青空の中、たくさんの赤とんぼが群れて飛んでいます。

    写真ではなかなか表現できませんが、
    今朝は高原の爽やかな風と青空の中、
    目の前には数百頭の赤とんぼが群れていました。

    また牧場の有刺鉄線には、赤とんぼの行列ができていました。
    行列写真の赤とんぼはすべてアキアカネです。

     

    牧場の有刺鉄線の上にずらっと並んでとまるアキアカネ
    どのアキアカネも同じような方向を向いているのが面白いです。

    一方、池ヶ原湿原は、初夏のように絶滅危惧種の花はありませんが、
    木道脇には、ミソハギ(終わりかけ)、サワヒヨドリ(満開)、ミゾソバ(咲き始め)の花が咲き、
    お花畑ロードができています。

     

    ミソハギ
    サワヒヨドリ
    ミゾソバ

    朝早く行くと、葉に付いた朝露が朝日を反射させ、キラキラ光り輝いています。
    これもまた見事です。

     

    朝露のついたミソハギ
    朝露のついたサワヒヨドリ
    ミゾソバのアップ

    さあ、気持ちのよい季節がやってきました。

    散歩がてらに、六呂師高原にいらっしゃいませ!

  • 2017.09.15

     福井県自然保護センターと福井県自然観察指導員の会では、国内の赤とんぼ研究の第一人者である上田哲行氏(石川県立大学名誉教授・客員教授)のご監修を得て、本年度の9月~11月にかけて、日本全国で減少著しい赤とんぼの調査を実施いたします。
     趣旨にご賛同いただける皆様におかれましては、以下の通り、調査への参加協力を賜りたく、何卒、よろしくお願い申し上げます。

     

     

             記

    1.調査対象種
     童謡赤とんぼの題材となり、最も個体数が多いアキアカネ
     但し、識別可能な方は、ナツアカネ、ノシメトンボ、マユタテアカネ等も記録する。

     

     ・赤とんぼの識別資料 1(PDF)

     ・赤とんぼの識別資料 2(PDF)

     ・赤とんぼの識別資料 3(JPG)

     

    2.調査期間
     アキアカネが田んぼや里山の山際に群れる9月中旬から11月中旬

    3.調査方法
     概要(資料1)、マニュアル(資料2)、赤とんぼ調査シート(資料3)のとおり

     

     ・資料1 概要(PDF)

     ・資料2 調査マニュアル(PDF)

     ・資料3 赤とんぼ調査シート(エクセル)

     
    4.調査報告
     11月末までに、自然保護センター宛に、メール、FAXもしくは郵送で提出する。

    5.公表
     ホームページ、自然情報誌ナチュラリスト、マスコミ発表などにより公表する。

     

     

    <連絡先>
    福井県自然保護センター(松村・山内・山口)
    〒912-0131
    大野市南六呂師169-11-2
    TEL:0779-67-1655、FAX:67-1656
    E-mail:sizen-ci@pref.fukui.lg.jp

  • 2017.07.01
  • 2017.06.16

     最近、森の中を歩いているといろんな種類の白い花をよく見かけます。特に草ムラの中に目を向けると、一本の茎に16センチほどもある長細い葉が左右対称に何枚も並んでいるのがわかります。さらにその下には、ずらっと並んだ白い花を見つけることができます。ナルコユリです。

     長い縄に板と竹を結びつけて沢山並べてぶら下げ、揺らすと音がするようにした道具「鳴子」に似ていることからこの名前が付けられています。じっと見ていると、音が聞こえてくるように感じられませんか?

     

    ナルコユリ
    ナルコユリのつぼみ(拡大)

  • 2017.06.16

     晴れた日の午前中、妻平湿原の上流側に隣接する小さな湿地では、ヨツボシトンボが乱舞中です。狙いは婚活!あちこちでペア成立です。でも交尾は10秒ほどで解消され、雌はすぐに産卵を始めます。交尾中のペアの写真を狙いましたが、飛びまわるペアの写真を撮るのは至難の業。乱舞している雄の写真を狙うも、こちらもあまりの速さで、ピンボケとブレの連続写真でした。おかげさまで、削除に数時間かかりました。

    ※写真をクリックすると、拡大表示されます。

     拡大写真をさらにクリックしていくと連続写真をご覧になれます。

     

    ヨツボシトンボ1
    ヨツボシトンボ2
    ヨツボシトンボ3
    ヨツボシトンボ4
    ヨツボシトンボ5
    ヨツボシトンボ6
    ヨツボシトンボ7

     

    湿地の水面の上の可憐なイトトンボたちもご紹介します

    (でもよーく探さないと見つかりませんよ)

  • 2017.06.01

    平成29年4月1日よりホームページのURLが以下のように変更になりました。

     

    旧URL http://www.fncc.jp

            ↓

    新URL http://fncc.pref.fukui.lg.jp

     

     お手数をおかけして申し訳ありませんが、ブックマーク等の変更をお願いいたします。

     なお、旧URLにアクセスした場合、1年間は新URLに自動的に転送されます。平成30年3月31日には旧URLへのアクセスができなくなりますのでご注意下さい。

  • 2017.05.26

    六呂師高原に訪れた遅い春はあっという間に過ぎ去り、夏本番にむけてさまざまな植物がみずみずしさを増してきました。

     

    センター本館前の駐車場のすぐそばでは、チョウジソウの小さなお花畑が見ごろを迎えました。

    涼しげな空色が美しい清楚な花です。

    チョウジソウの花①

    花を横から見ると、“丁”という“字”に見えることが和名の由来と言われています。

    チョウジソウの花②

    このチョウジソウは、自然観察指導員の会の会員の手によって、10年以上前に勝山市野向町横倉から移植されたものです。

    周囲の草刈りを行うことで少しずつ広がり、毎年きれいに花を咲かせています。

    チョウジソウの花③

    ところで、チョウジソウが本来生育する環境は、川岸の草地や谷の斜面などです。

    こうした環境では、定期的に河川の氾濫などの自然かく乱を受けますが、その結果明るい草地が維持されるため、チョウジソウの生育に適していたと考えられます。

     

    しかし、現在では護岸工事などの河川開発により、こうした環境はほとんど見られなくなりました。

    生育地を失ったチョウジソウは次々と姿を消し、福井県のレッドリストでは県域絶滅危惧Ⅰ類に、環境省では準絶滅危惧に指定されています。

     

    さて、センターのチョウジソウですが、昨年プランターに種をまくと、たくさんの芽生えが出てきました。今後多くの方がご覧になって絶滅危惧種に関心を持ってもらえることを願って、増やしていきたいと思っています。

    去年、種をまいたチョウジソウ

    なかなかお目にかかれない植物ですので、この機会に是非ご覧にお越しください。

  • 2017.05.14

    木々の花が次々と咲いています。

    勝山市平泉寺から六呂師高原の車道を走ると、木々の花が目立つようになってきました。

    「六呂師高原 野の花めぐり」を楽しめます。

     

    平泉寺周辺ではミズキの白い花や、つる性植物のフジの紫色の花が目立っています。

    小さい花がいっぱい集まったミズキの花は、昆虫たちのレストランです。

    訪花昆虫がたくさん集まります。

    ミズキ その1
    ミズキ その2
    ミズキ その3
    ミズキ その4

     

    フジはつる性植物ですが、成長すると身を寄せた木を覆うほどに成長するため、見事なフジツリーができあがります。

    フジ その1
    フジ その2
    フジ その3

     

    フジと同じ紫色の花が咲く、キリもありました。

    キリ

     

    六呂師高原では、ウワミズザクラとズミの白い花が満開です。

    どの花もとても目立ちますので、すぐにわかります。

    ウワミズザクラ その1
    ウワミズザクラ その2

    ウワミズザクラの花序を先端から撮影してみました。

    まるで雄しべのジャングルです。

    ウワミズザクラ その3

     

    ズミのつぼみは、鮮やかなピンク色ですが、花びらが開くと白くなります。

    まるで全く別の花のようです。

    ズミ その1(ピンクのつぼみ)
    ズミ その2(白い花)

     

  • 2017.05.13

     自然保護センターと海浜自然センターでは、自然に関心のある方を「福井県ナチュラリスト」として登録しています。自然保護センターで登録していただいた方には、以下の登録特典グッズを進呈しています。このページでは登録特典グッズをご紹介します。

     

    ご登録の際はこちらのページをご覧ください。

     

    登録特典グッズの紹介

    【その1 オリジナルクリアファイル】

    野の花クリアファイル

     今年度から新しく登録グッズに加わった「野の花クリアファイル」です。六呂師高原で見られる可愛らしい野の花の写真がいっぱいです。使うたびに六呂師にお花探しに出かけたくなるクリアファイルです。

     

    天文クリアファイル

     「天文クリアファイル」です。センターの望遠鏡で撮影した様々な天体がいっぱいです。このクリアファイルで見たい天体に思いを巡らせながら、センターの天体観望会に参加していただきたいです。

     

     

    【その2 野の花オリジナル缶バッジ

    野の花缶バッジ(4月~5月の花)

     今年度のオリジナル缶バッジのテーマは「野の花」です。季節に応じて六呂師高原で見られる野の花を缶バッジにして進呈しています。上の見本は4月~5月のものですが、「6月~7月」、「8月~9月」にもその時期に咲く花の缶バッジを進呈します。

     

     

    登録特典グッズの進呈方法について

    ●ナチュラリストの登録時にはオリジナルのクリアファイルを進呈します。1名につき1つずつ進呈しますので、天文クリアファイルと野の花クリアファイルの内、ご希望のものをお選びください。

     

    ●登録した後も、来館された時やセンターのイベントに参加された時にオリジナル缶バッジを進呈します。ナチュラリストの登録証をご用意いただき、受付の者にお声かけください。

     

     また、登録時には、特典グッズ以外にも以下の「野の花カレンダー」「自然情報誌ナチュラリスト」も差し上げています。これらは数に限りがありますので、なくなり次第終了とさせていただきます。ご了承ください。

     

    野の花カレンダー
    自然情報誌ナチュラリスト