「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

  • 2019.04.19

    【オキナグサの花が咲きました】
     4月の中旬になり、センター周辺に植えられたソメイヨシノもようやく咲き始め、今週末に見ごろを迎えそうです。
     さて、センター前の学習広場の奥には、昨年造った新しい花壇があります。そこには「オキナグサ」が植えられており、その花が丁度見ごろを迎えています。オキナグサは、深紅の花が釣鐘状で下向きに咲き、花が終わると翁の白い銀髪のような毛が長く伸びる実を付けることから、その名が付けられたそうです。
     このオキナグサは、昭和60年頃に六呂師高原で2株確認されたのを最後に、すでに福井県から野生個体が絶滅してしまったと考えられています。しかし絶滅の前に移植されていた十株程からオキナグサを増殖する活動が行われ、花壇では見ることができるようになりました。現在「オキナグサを蘇らせる会」や地元の方により、増殖する活動が行われています。
     昨年度、保護増殖するため、センターの花壇にも植えられたオキナグサは、見事にきれいな花を付けてくれました。センターにお立ち寄りの際は、ぜひこの花壇のオキナグサをご覧ください。また、その奥にはミチノクフクジュソウの花畑も広がっており、見ごろは今週末までとなりそうです。春の美しい植物たちをお見逃しなく!

    オキナグサの花
    オキナグサの花
    オキナグサ
    オキナグサ
    オキナグサの花壇
    ミチノクフクジュソウ

     

    【愛鳥週間ポスターコンクール入賞作品 展示中】

    ●4月18日(木)~24日(水)の期間に、当センターレクチャーホールにて、愛鳥週間ポスター入賞作品を展示しています。ご来館の際はぜひご覧ください。

    愛鳥週間ポスターコンクール展示

     

    【参加者募集中】

    ●4月28日(日)開催の天文教室「春の星座めぐり」の参加申し込みを受付中です。プラネタリウム、望遠鏡、野外とフルコースで、解説を聞きながら六呂師高原の美しい星空を楽しむことができるとってもお得な教室です。ぜひご参加ください。

    定員40名  無料

    申し込み:4月26日(金)まで。※定員になり次第締め切ります。

     

    ≪4月20日(土)、21日(日)≫
    【プラネタリウム】
     春の星座解説と星座の物語。
     <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
          (所要時間約40分)
     <星座の物語>
      午前 「かんむり座の話」
      午後 「ぶたにばけた七つ星」

     

    【週末天体観望会】※4月20日(土)のみ
     <4月のテーマ> ★夜の番人「ふくろう星雲」★
     <時 間> 19:00~21:00(時間内に観察棟までお越しください)
     ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。
      また、夜はかなり冷え込みます。お越しの際は防寒の上、足元に十分にご注意ください。

  • 2019.04.12

    【四季の自然観察シリーズが始まります!】
     

     4月14日(日)より、いよいよ「四季の自然観察シリーズ」がスタートします。このシリーズでは、当センター周辺に広がる自然観察の森を、ガイドと共に歩きながら、六呂師高原の自然について詳しく知ることができる、とても楽しいプログラムです。4月から10月までの毎週日曜日(11:00~、13:15~)に、毎回違ったテーマで開催されます。
     初回のテーマは「コシアブラで遊ぼう」です。山菜の女王とも呼ばれているコシアブラは、かつてこの木の樹脂(あぶら)を絞り、こしたものを漆(うるし)のように塗料として使われていたことが名前の由来だそうです。そのため、コシアブラの枝は、皮をこすると油分によってきれいに皮が抜け、芯と皮とが分離します。さて、まだその葉をつけていないコシアブラをどのように見分けて、どのように使って遊ぶのでしょうか…ガイドさんと一緒に体験してみましょう。
     今週末は、高原の森の中を散策し、自然体験をしてみませんか。きれいな春の植物たちも皆様をお待ちしております。

    ↓四季の自然観察シリーズの様子

    【参加者募集中】

    ●4月28日(日)開催の天文教室「春の星座めぐり」の参加申し込みを受付中です。プラネタリウム、望遠鏡、野外とフルコースで、解説を聞きながら六呂師高原の美しい星空を楽しむことができるとってもお得な教室です。ぜひご参加ください。

    定員40名  無料

    申し込み:4月26日(金)まで。※定員になり次第締め切ります。

     

    ≪4月13日(土)、14日(日)≫
    【プラネタリウム】
     春の星座解説と星座の物語。
     <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
          (所要時間約40分)
     <星座の物語>
      午前 「かんむり座の話」
      午後 「ぶたにばけた七つ星」

     

    【週末天体観望会】※4月13日(土)のみ
     <4月のテーマ> ★夜の番人「ふくろう星雲」★
     <時 間> 19:00~21:00(時間内に観察棟までお越しください)
     ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。
      また、夜はかなり冷え込みます。お越しの際は防寒の上、足元に十分にご注意ください。

  • 2019.04.12

    【GWは自然とのふれあいを満喫しませんか】

     4月27日(土)より春の大型連休が始まります。連休中に自然保護センターではゴールデンウィーク特別企画を開催します。ガイドとともに春の自然の中を散策するイベントや、森の材料を使った工作、動物のはく製やセンサーカメラの映像展示、プラネタリウムや天体観望会など、盛りだくさんの企画で皆様をお待ちしております。これらのプログラムは全て無料で、申し込みも不要です。このゴールデンウィークはご家族でゆっくりと六呂師高原を満喫してみませんか。

    ▼詳しくは下のチラシをご覧ください。

    GW特別企画

    チラシをダウンロード【JPG】【PDF】

     

     

     

  • 2019.04.05

     4月2日、3日と雪が降ったことがうそのように、4日(木)からは、穏やかな日差しのもと、色鮮やかな春の妖精たちが美しい姿を見せてくれます。

     現在、最もピークを迎えている植物がミチノクフクジュソウ(県域絶滅危惧Ⅰ類)です。鮮やかな黄色に輝く花が、本館前学習広場の横の斜面全体を覆い、まるで魔法でもかけられたような美しさです。

    斜面に広がるミチノクフクジュソウ

     このミチノクフクジュソウは、生息域外保全のため、29年前に唯一の自生地である勝山市小原地区から十数株を移植したものです。平成の時代とともに、少しずつ分布を広げてきました。令和の時代も和かな(やわらかな)春を演出してほしいと思います。

    ミチノクフクジュソウの花と小さなハチ

     そのミチノクフクジュソウが見える歩道横には、カタクリの花も見ごろを迎えています。薄紫色の花を、茎の先端に一つ下向きに咲かせる妖艶なカタクリの姿は、ミチノクフクジュソウの黄色い花とはまた違った印象を受けます。

    ミチノクフクジュソウとカタクリの競演

     これら2つの野の花はとても近くに群落を作っていますので、センターにご来館の際は、本館前学習広場横にお立ち寄りください。

     

     春を謳歌しているのはこうした美しい花々や花に訪れる虫たちだけではありません。今回はこうした鮮やかな花々だけでなく、森の中でひっそりと咲く目立たない植物にもスポットライトを当てたいと思います。

     観察の森の中をぶらぶらと歩いていると、枝先からぶらぶらとぶら下がったものが目につきます。実はこれらもれっきとした植物の花です。下の写真はツノハシバミ(カバノキ科ハシバミ属)の花です。

    ツノハシバミの雄花序

     長く垂れ下がった黄色っぽいものは雄花の集まり(雄花序)です。

     ひとつひとつの花を拡大して見てみると、花びらはなく、花粉を蓄えた葯がびっしりついているだけで、ひたすら花粉を作って飛ばす装置のようです。

    ツノハシバミの雄花序のアップ

     一方、雌花の集まりは、こちらのイソギンチャクのような赤いものです。柱頭だけが露出し、やはり花びらはありません。

    ツノハシバミの雌花序

     ツノハシバミは雄花も雌花も、花なのにまったく華がありません。そして蜜もいい香りもありませんので、虫には見向きもされません。虫に媚びることなく、風に任せてたくさんの花粉を飛ばすことで実を結ぶのです。

     ヨーロッパのセイヨウハシバミは美味しいヘーゼルナッツとして知られますが、ツノハシバミの地味な雌花も秋にはおいしい“和製ヘーゼルナッツ”になります。今年は例年に比べかなり多くの花が咲いていますので、秋にはたくさんの実が見られるかもしれません。

     他にも、春の森ではミヤマカワラハンノキなど、ぶらぶら雄花をぶら下げた低木を見つけることができます。

    ミヤマカワラハンノキの花

     冬に葉を落とす落葉広葉樹の森では、風が運ぶ植物にとっては、まだ木々の葉が開いていない風通しの良い早春の今こそが遠く花粉を飛ばすことのできるチャンスなのです。

     綺麗な花だけでなく、時には地味な花を観察すると、植物たちの生きざまが見えてきます。

     

  • 2019.03.29

     自然保護センターでは、福井県内で撮影された天体写真や星景写真を一般から公募し、「ふくい星空写真展」と題し展示会を行います。

     福井県内には、街灯りがほとんど無く、美しい星空が広がる絶景スポットが多数点在します。そのような環境の中で、皆さまがこれまで撮りためた、美しい天体写真や星景写真(星と景色の写真)を展示させていただけませんか?

     天文ファンの方の写真はもちろん、偶然撮れたビギナーの方の美しい星空写真も、大募集しています。

     

    公募期間:2019年4月5日(金)~7月12日(金)
    展示期間:2019年7月20日(土)~9月23日(月祝)

    展示場所:福井県自然保護センター レクチャーホール

     

    【応募方法】下記の方法で応募用紙と写真を自然保護センターへご提出ください。

    ① 持ち込み:センター事務所に応募用紙と共に印刷した写真を提出。

    ② 郵  送:応募用紙を添えてセンターまで印刷した写真を送付。

    ③  E  –  mail:E-mailにて応募用紙データと画像データを添付。

    ※応募用紙ダウンロード

     

    【応募上の注意点】
      ・撮影場所は福井県内に限ります。
      ・撮影日が過去3年以内(2016年4月以降)の写真に限ります。
      ・持ち込み、郵送の場合、印刷サイズはA4、A3、半切、全紙のいずれかとします。
      ・E-mailにて送付の場合、印刷はA4またはA3となります。
      ・画像データのファイル形式は、JPEGデータとします。
      ・画像データは120万画素(1280px×960px)以上を推奨します。
      ・メール送信時のデータ容量は5MBまでとします。
      ・応募用紙にて、タイトル、氏名(フォトネーム可)、撮影日時、撮影機材、 撮影場所(市町村名等

      までで結構です)、所感(写真を撮った時の感想や、皆さんに伝えたいこと)を添えてください。

     

    【写真や画像データの取り扱いについて】
      ・応募作品の著作権は、応募者(撮影者)に帰属します。
      ・応募用紙に記載された個人情報は、取り扱いに十分注意します。
      ・ご提供いただいた画像データは、今後のセンターでの指導普及活動に使用させていただきます。

      ご了承いただけない場合は、その旨をお知らせください。

      (資料使用時は、撮影者名を必ず記載します。)
      ・応募用紙にて写真返却希望の方には、展示期間終了後に作品を返却します。

     

    【お問合せおよび応募先】
     〒912-0131 福井県大野市南六呂師169-11-2 福井県自然保護センター
     担当:松田・山岸
     TEL:0779-67-1655
     FAX:0779-67-1656
     E-mail:sizen-ci@pref.fukui.lg.jp

     

    冬のダイヤモンド(六呂師高原)
  • 2019.03.29

    【必見!美しい春の野花たち】
     六呂師高原では、あたたかな日差しとともに、春を待ちわびた植物たちの美しい姿が少しずつ見られるようになりました。
    特に「キクザキイチゲ」は現在見ごろを迎えています。自然観察の森の沢沿いを中心に白色の花がいたるところに咲いています。実はキクザキイチゲには花弁はありません。花弁に見えるものはすべて萼片(がくへん)で、ほとんどが白色ですが、中には淡い青色のものもあり、見ていてとても爽やかな気持ちになります。
     次に見ごろを迎えそうなのは「ミチノクフクジュソウ」です。自然保護センターのミチノクフクジュソウ(県域絶滅危惧Ⅰ類)は、生息域外保全のため、29年前に唯一の自生地である勝山市小原地区から十数株が移植されたものです。年々増加し、現在はおよそ20m四方の斜面いっぱいに広がっています。今は5割程が咲きましたが、来週には斜面一面が黄色くなっていることでしょう。ご来館の際は、学習広場からのびる歩道横の斜面に、黄色く可愛らしい花が咲いていますのでぜひご覧ください。
     その他にも、数株のカタクリやショウジョウバカマが開花をしていました。
     今が春の野花を観察する絶好の時期です。この植物たちの美しい姿を見逃さないよう、今週末は当センターの自然観察の森を散策してみてはいかがでしょうか。

    キクザキイチゲの群落
    キクザキイチゲ
    キクザキイチゲのアップ
    カタクリ
    ミチノクフクジュソウ(3/27)
    ミチノクフクジュソウ(3/28)

     

    ≪3月30日(土)、31日(日)≫
    【プラネタリウム】
     冬の星座解説と星座の物語。
     <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
          (所要時間約40分)
     <星座の物語>
      午前 「ふたご座の話」
      午後 「天の狩人オリオンの話」

     

    【週末天体観望会】※3月30日(土)のみ
     <3月のテーマ> ★南の空に輝く「冬のダイヤモンド」をみよう★
     <時 間> 19:00~21:00(時間内に観察棟までお越しください)
     ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。
      また、夜はかなり冷え込みます。お越しの際は防寒の上、足元に十分にご注意ください。

  • 2019.03.19

     H31年度行事案内・カレンダーを、当HPの「イベント情報」→年間行事案内に公開しました。また、自然情報誌「ナチュラリスト」の最新版86号も発行いたしました。

     H31年度年間行事案内とカレンダーはどなたでも無料で差し上げます。当センターの事務室前にございますので、ご来館の際はご自由にお持ちください。カレンダーにつきましては、数に限りがございますので、お求めの方はお早目にご来館いただくことをおすすめします。

     自然情報誌「ナチュラリストNo86」は、ナチュラリスト登録者の方には、無料で差し上げます。お求めのナチュラリスト登録者の方は、ご来館の際に事務所までお申し出ください。もちろん、登録者でない方も、ご登録いただければ、さまざまな特典グッズと共に、これらのセットをご提供いたします。ぜひ福井県自然保護センターにお越しください。

  • 2019.03.08

    【あ!鳥だ…アトリだ!】
     自然保護センターの冬の野鳥レストランは2月末で閉店しましたが、30羽程の「アトリ」の集団が閉店後にもかかわらず現れており、森の学習室の窓越しに見ることができます。アトリ軍団がむさぼるように餌をついばんでいる塀の上には、阪谷小学校の子どもたちが育てたヒマワリの種をまいています。このヒマワリの種がよほど美味しいのか、すぐに無くなってしまうので、日中には補充をしています。
     アトリは胸の部分がオレンジ色で、頭から翼にかけては黒色と褐色が混じっているため、枯れ葉の色と同化して見えますが、森の中で一生懸命に餌を食べ歩いていることが分かります。また、夏羽になったオスは、頭全体が真っ黒で精悍な顔つきに変身しています。
     雪が解け暖かくなってきたこの時期は、少し早い春を探しに自然保護センターにお越しになりませんか。センター周辺の自然観察の森では、森の植物たちの新芽の膨らみや、アトリなどの早春の野鳥を発見できるかもしれません。

    アトリ軍団
    アトリ ♂
    アトリ 左♀ 右♂
    アトリ ♂

    ※写真は3月5日(火)に撮影したものです。

     

     

    ≪3月9日(土)、10日(日)≫
    【プラネタリウム】
     冬の星座解説と星座の物語。
     <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
          (所要時間約40分)
     <星座の物語>
      午前 「ふたご座の話」
      午後 「天の狩人オリオンの話」

     

    【週末天体観望会】※3月2日(土)のみ
     <3月のテーマ> ★南の空に輝く「冬のダイヤモンド」をみよう★
     <時 間> 19:00~21:00(時間内に観察棟までお越しください)
     ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。
      また、夜はかなり冷え込みます。お越しの際は防寒の上、足元に十分にご注意ください。

  • 2019.03.01

    【雪が解けて…】

     2ヵ月間に渡り実施してきた「冬の野鳥レストラン」は、2月28日(木)をもちまして、閉店とさせていただきました。期間中、ご来館頂いた皆様、どうもありがとうございました。本年度は積雪が少なく、野鳥の来店数は昨年に比べると少ない状況でしたが、20種もの野鳥たちが、おいしい餌を求めてやってきました。これから野鳥が見られなくなると思うと少し寂しくなりますが、来シーズンも「冬の野鳥レストラン」をよろしくお願いいたします。
     さて、雪解けとともに、3月からは観察棟を再開させていただきます。今週の土曜日から「プラネタリウム」と「週末天体観望会」がスタートします。他では見ることのできない県内トップレベルの美しく澄んだ夜空をご覧になりませんか。3月のテーマは『南の空に輝く「冬のダイヤモンド」をみよう』です。冬のダイヤモンドと呼ばれる6つの一等星(リゲル、シリウス、プロキオン、ポルックス、カペラ、アルデバラン)や天の川をはじめ、美しい星たちが皆様のご来館をお待ちしております。
    ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。また、夜はかなり冷え込みます。お越しの際は防寒の上、足元に十分にご注意ください。

     

    ≪3月2日(土)、3日(日)≫
    【プラネタリウム】
     冬の星座解説と星座の物語。
     <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
          (所要時間約40分)
     <星座の物語>
      午前 「ふたご座の話」
      午後 「天の狩人オリオンの話」

     

    【週末天体観望会】※3月2日(土)のみ
     <3月のテーマ> ★南の空に輝く「冬のダイヤモンド」をみよう★
     <時 間> 19:00~21:00(時間内に観察棟までお越しください)
     ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。
      また、夜はかなり冷え込みます。お越しの際は防寒の上、足元に十分にご注意ください。

  • 2019.02.22

    【冬の野鳥レストラン情報】

     2月16日(土)、野鳥レストランには珍しいお客さんが来店しました。来店した珍客は「キバシリ」です。キバシリはその名の通り、木の幹を走るように移動するのが特徴です。スズメより小さく、くちばしは細長く下に湾曲しています。残念ながら、その後来店することはありませんでしたが、来館者の方や職員たちは、珍客を一目見ることができ大喜びでした。
     その他にも、今週は「アトリ」が来店するようになりました。アトリが六呂師高原に集まるのは主に秋と早春です。もしかすると、今週末のレストランには、春の訪れを伝えるかの如く、アトリの団体が何度も来店するかもしれません。
     さて、冬の野鳥レストランは、積雪がなければ2月いっぱいで閉店となります。当レストランで野鳥たちを見ることができる期間も残りわずかです。閉店間近のレストランには、これからの雪解けとともに、北へ帰る途中に立ち寄る種が見られる可能性があります。平成最後の冬は、かわいい野鳥を見て癒されてみてはいかがでしょうか。皆様のご来館をお待ちしております。

     

    ●2月15日(金)~2月21日(木)のご来店リスト

    ・ヤマガラ ・シジュウカラ ・コガラ ・エナガ ・コゲラ
    ・アカゲラ ・オオアカゲラ ・アオゲラ ・ヒヨドリ
    ・ミソサザイ ・アトリ ・ルリビタキ ・メジロ
    ・キバシリ…2/16のみ来店

     

    ≪2月23日(土)、24日(日)≫
    【冬の野鳥レストラン】
     近くでじっくりと観察することが難しい野鳥ですが、冬の野鳥レストランでは、あたたかい室内からエサ台に集まるたくさんの野鳥を間近で観察・撮影できます。 
    <日 時>1月5日(金)~2月28日(水)の開館日
         9:00~17:00
         日曜・祝日の10:00~15:00にはガイドを実施
    <場 所>本館2階 森の学習室

     

    【冬の星空ガイド】
     プラネタリウムに代わり、冬の星空解説や星座の物語を上映します。冬の夜空は最も一等星が多く昇り、とても豪華な星空が楽しめる季節です。ベテルギウス、リゲル、シリウス、プロキオン、ポルックス、カペラ、アルデバランの7つの一等星や、その付近の星座を中心に星空をガイドします。参加された方には、冬の星座のしおりや誕生日星空シートをプレゼントします。
    <物 語> 「エリダヌス座の話」
    <場 所> 本館2階 会議室
    <時 間> ①11:00~ ②14:00~ ③15:00~ (所要30分程度)