「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

  • 2020.07.02

     今年に入ってから人間社会では様々な出来事が起こっていますが、自然はいつもどおりに季節が過ぎていきます。7月に入り、北陸地方の梅雨明けはまだまだですが、自然保護センターの自然観察の森では今年も夏の生きものたちが次々と現れてきています。代表的なものとしてはやはりクワガタで、自然観察の森では一番多くみられるコクワガタが、樹皮の下に隠れていました。

    コクワガタ

     自然観察の森ではコクワガタの他に、ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ、もちろんカブトムシも生息しています。植物についても、コアジサイやクリの花が終わり、オオバギボウシの花が咲き始めるなど、夏の装いを見せ始めています。池ケ原湿原でもトキソウやミズチドリといった湿原の花々も咲いており、雨の合間には、六呂師高原に涼しい風が吹いてきます。みなさんもぜひ、夏を感じに自然保護センターや六呂師高原にでかけてみませんか。

     

    ≪7月4日(土)、5日(日)≫
    ◇本館
    【自然観察の森の生きものたち展】
     自然観察の森で見られる植物や昆虫、鳥、哺乳類等の生きものを標本や剥製を展示し紹介する他、一部については生体でも展示し解説します。
     <期 間> 7月12日(日)までの開館日 9:00~17:00
     <場 所> レクチャーホール

     

    ★観察棟
    【プラネタリウム】
    ※1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)
    夏の星座解説と星座の物語。
     <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~ (所要時間約40分)
     <星座の物語>
      午前 「天の川と七夕の話」
      午後 「悲劇の英雄ヘルクレス」

     

    【週末天体観望会】 ※7月4日(土)のみ 
    ※入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度)
     <7月のテーマ> ★『ベガ』と『アルタイル』~星の明るさってなぁに?~
     <時 間> 19:30~21:30(時間内に観察棟までお越しください)
     ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。

  • 2020.06.25

     夏の自然保護センターは自然を満喫できるイベントが盛りだくさんです。
    ※各イベントの詳細はセンターHPの特設ページをご覧ください。

     中でも、センター開館30周年特別企画展「ふくい星空写真展」では、県内で撮影された天体写真や星景写真を一般から公募し、当センターのレクチャーホールに展示いたします。現在も、たくさんの天文ファンの皆様から、美しい作品がどんどん集まってきています。作品の募集期間は7月10日までです。天文ファンの方の写真はもちろん、偶然撮れたビギナーの方の美しい星空写真も募集していますので、是非ご応募ください。
    ※応募等についての詳細はこちらのページをご覧ください。

     

    ≪6月27日(土)、28日(日)≫
    ◇本館
    【自然観察の森の生きものたち展】
     自然観察の森で見られる植物や昆虫、鳥、哺乳類等の生きものを標本や剥製を展示し紹介する他、一部については生体でも展示し解説します。
     <期 間> 7月12日(日)までの開館日 9:00~17:00
     <場 所> レクチャーホール

     

    ●自然観察の森
    【四季の自然観察シリーズ】 ※6月28日(日)のみ
    自然観察の専門家のガイドと一緒に森を歩きながら、毎回ちがったテーマで六呂師高原の自然や楽しみ方を学びます。※雨天時は、館内の展示を解説します。
     <講 師> 多田 雅充(福井県自然観察指導員)
     <テーマ> 池ヶ原湿原でミズチドリの観察をしよう
     <時 間> 11:00~12:00  13:15~14:15 (所要時間約60分)
     <集 合> 開催時間までに、自然保護センター玄関前にお集まりください。
     <持ち物> 飲み物、長そで、長ズボン、ぼうし、タオル等

     

    ★観察棟
    【プラネタリウム】
    ※1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)
    夏の星座解説と星座の物語。
     <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~ (所要時間約40分)
     <星座の物語>
      午前 「天の川と七夕の話」
      午後 「悲劇の英雄ヘルクレス」

     

    【週末天体観望会】 ※6月27日(土)のみ 
    ※入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度)
     <6月のテーマ> ★『アルクトゥールス』と『スピカ』~星の色を比べて見よう~
     <時 間> 19:30~21:30(時間内に観察棟までお越しください)
     ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。

     

  • 2020.06.13

    《6月13日(土)、14日(日)》

     

    ◇本館
    【自然観察の森の生きものたち展】
     自然観察の森で見られる植物や昆虫、鳥、哺乳類等の生きものを標本や剥製を展示し紹介する他、一部については生体でも展示し解説します。
     <期 間> 7月12日(日)までの開館日 9:00~17:00
     <場 所> レクチャーホール

     

    ●自然観察の森
    【四季の自然観察シリーズ】 ※6月14日(日)のみ
    自然観察の専門家のガイドと一緒に森を歩きながら、毎回ちがったテーマで六呂師高原の自然や楽しみ方を学びます。※雨天時は、館内の展示を解説します。
     <講 師> 井草 貴男(福井県自然観察指導員)
     <テーマ> 馬取池の生き物と環境について探ってみよう
     <時 間> 11:00~12:00  13:15~14:15  
           (所要時間約60分)
     <集 合> 開催時間までに、自然保護センター玄関前にお集まりください。
     <持ち物> 飲み物、長そで、長ズボン、ぼうし、タオル等

     

    ★観察棟
    【プラネタリウム】
    ※1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)
    春の星座解説と星座の物語。
    <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
    (所要時間約40分)
    <星座の物語>
     午前 「北斗七星の話」
      午後 「おおぐまこぐま物話」

     

    【週末天体観望会】 ※6月13日(土)のみ 
    ※入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度)
    <6月のテーマ> ★『アルクトゥールス』と『スピカ』~星の色を比べて見よう~
    <時 間> 19:30~21:30(時間内に観察棟までお越しください)
    ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。

  • 2020.06.10

     昨年夏に開催した「ふくい星空写真展」は、約100点の応募があり、その美しい星空の作品は、多くの方々から好評をいただきました。

     令和2年度も自然保護センターでは、昨年度に引き続き福井県内で撮影された天体写真や星景写真を一般から公募し、「ふくい星空写真展」を開催します。

     福井県内には、街灯りがほとんど無く、美しい星空が広がる絶景スポットが多数点在しており、このような環境の中で、皆さまがこれまで撮りためた、美しい天体写真や星景写真(星と景色の写真)を展示させていただけませんか?

     天文ファンの方の写真はもちろん、偶然撮れたビギナーの方の美しい星空写真も、大募集しています。

     

    公募期間:令和2年4月3日(金)~7月10日(金)
    展示期間:令和2年7月17日(金)~8月31日(月)

    展示場所:福井県自然保護センター本館 レクチャーホール

     

    【応募方法】下記の方法で応募用紙と写真を自然保護センターへご提出ください。

     ① 持ち込み:センター事務所に応募用紙と共に印刷した写真を提出。

     ② 郵  送:応募用紙を添えてセンターまで印刷した写真を送付。

     ③  E  –  mail:E-mailにて応募用紙データと画像データを添付。

    ※応募用紙ダウンロード

     

    【応募上の注意点】
      ・撮影場所は福井県内に限ります。
      ・撮影日が過去3年以内(平成29年4月以降)の写真に限ります。

      ・応募する写真は1人あたり3枚までとします。
      ・持ち込み、郵送の場合、印刷サイズはA4、A3、半切、全紙のいずれかとします。
      ・E-mailにて送付の場合、印刷はA4またはA3となります。

      (A3印刷希望は、先着25枚分までとします。)
      ・画像データのファイル形式は、JPEGデータとします。
      ・画像データは120万画素(1280px×960px)以上を推奨します。
      ・メール送信時のデータ容量は5MBまでとします。
      ・応募用紙にて、タイトル、氏名(フォトネーム可)、撮影日時、撮影場所(市町村名等までで

      結構です)、撮影機材や設定と画像処理方法(必須ではありません)、所感(写真を撮った時の

      感想や、皆さんに伝えたいこと)を添えてください。

     

    【写真や画像データの取り扱いについて】
      ・応募作品の著作権は、応募者(撮影者)に帰属します。
      ・応募用紙に記載された個人情報は、取り扱いに十分注意します。
      ・ご提供いただいた画像データは、今後のセンターでの指導普及活動等に使用させていただきます。

      ご了承いただけない場合は、その旨をお知らせください。

      (資料使用時は、撮影者名を必ず記載します。)
      ・応募用紙にて写真返却希望の方には、展示期間終了後に作品を返却します。

     

    【お問合せおよび応募先】
     〒912-0131 福井県大野市南六呂師169-11-2 福井県自然保護センター
     担当:松田・山岸
     TEL:0779-67-1655
     FAX:0779-67-1656
     E-mail:sizen-ci@pref.fukui.lg.jp

     

  • 2020.06.05

     新型コロナウイルス感染拡大のため、5月末まで閉館していた当センター観察棟を、6月6日(土)より開館いたします。ただし、プラネタリウムと天体観望会においては、次のように制限を設けて実施いたします。

    ●プラネタリウム:1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)。

    ●週末天体観望会:入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度とさせていただきます)。

    なお、入館される際には、マスク着用とアルコール消毒をお願いいたします。

     

     また、今後の当センター主催行事においても、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内容を変更し実施するものもございます(内容は今後HPに記載します)。当面の間、ご来館される皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

     

    ≪6月6日(土)、7日(日)≫

    ★観察棟
    【プラネタリウム】
    ※1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)
    春の星座解説と星座の物語。
     <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
          (所要時間約40分)
     <星座の物語>
      午前 「北斗七星の話」
      午後 「おおぐまこぐま物話」

     

    【週末天体観望会】 ※6月6日(土)のみ 
    ※入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度)
     <6月のテーマ> ★『アルクトゥールス』と『スピカ』~星の色を比べて見よう~
     <時 間> 19:30~21:30(時間内に観察棟までお越しください)
      ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。

     

    ●自然観察の森
    【四季の自然観察シリーズ】 ※6月7日(日)のみ
    自然観察の専門家のガイドと一緒に森を歩きながら、毎回ちがったテーマで六呂師高原の自然や楽しみ方を学びます。※雨天時は、館内の展示を解説します。
     <講 師> 源野 みね子(福井県自然観察指導員)
     <テーマ> いろいろな形の葉っぱ探してみましょう
     <時 間> 11:00~12:00  13:15~14:15  
           (所要時間約60分)
     <集 合> 開催時間までに、自然保護センター玄関前にお集まりください。
     <持ち物> 飲み物、長そで、長ズボン、ぼうし、タオル等

     

    ◇本館
    【自然観察の森の生きものたち展】
     自然観察の森で見られる植物や昆虫、鳥、哺乳類等の生きものを標本や剥製を展示し紹介する他、一部については生体でも展示し解説します。
     <期 間> 7月12日(日)までの開館日 9:00~17:00
     <場 所> レクチャーホール

  • 2020.05.28

     大好評「自然観察シリーズ」では、当センター周辺に広がる自然観察の森などを、ガイドと共に歩きながら、六呂師高原の自然について詳しく知ることができる、とても楽しいプログラムです。今年度は5、6月と9月の毎週日曜・祝日(11:00~、13:15~)に、毎回違ったテーマで開催します。
     今週末のテーマは「池ヶ原湿原でレンゲツツジの観察をしよう」です。池ヶ原湿原は県内随一の湿原植物の生育地で、保全活動により再生された多様な湿原の生物たちについて学ぶことができます。その中でも、今の季節はレンゲツツジが見ごろを迎えており、その鮮やかな赤橙色の花に目を奪われます。

    今週末は、池ヶ原湿原を散策してみませんか。皆様のお越しをお待ちしております。

    新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮をして実施します。当館へお越しの際は、マスク着用をお願いいたします。

     

    ≪5月30日(土)、31日(日)のイベント≫

    【自然観察の森の生きものたち展】
     自然観察の森で見られる植物や昆虫、鳥、哺乳類等の生きものを標本や剥製を展示し紹介する他、一部については生体でも展示し解説します。
     <時 間> 9:00~17:00
     <場 所> 本館 レクチャーホール

     

    【自然観察シリーズ】※31日(日)のみ
     自然観察の専門家のガイドと一緒に森を歩きながら、毎回ちがったテーマで六呂師高原の自然や楽しみ方を学びます。※雨天時は、館内の展示を解説します。

     <講 師> 矢尾 政士(福井県自然観察指導員)
     <テーマ> 池ヶ原湿原でレンゲツツジの観察をしよう

     <時 間> 11:00~12:00  13:15~14:15  
           (所要時間約60分)
     <集 合> 開催時間までに、自然保護センター玄関前にお集まりください。
     <持ち物> 飲み物、長そで、長ズボン、ぼうし、タオル、マスク等

     

    ※観察棟は現在閉鎖中のため、プラネタリウムや天体観望会は休止とさせていただいております。

  • 2020.05.21

     5月17日(日)より、「自然観察シリーズ」がスタートています。このシリーズでは、当センター周辺に広がる自然観察の森を、ガイドと共に歩きながら、六呂師高原の自然について詳しく知ることができる、とても楽しいプログラムです。今年度は5、6月と9月の毎週日曜・祝日(11:00~、13:15~)に、毎回違ったテーマで開催します。
     今週末のテーマは「モリアオガエルに会いに行こう」です。モリアオガエルは雄が体長5~7cm、雌が6~9cmと大型のカエルで、その緑色がとてもきれいです。繁殖期になると、雄が「カララ・コロコロ」と鳴きながら雌を待ち、卵塊は雌雄共同で作ります。その卵塊の見た目はソフトボールくらいの大きさで、ふわふわのクリームのようにも見えます。センター近くの馬取池周りの木々はモリアオガエルにとっては絶好の産卵場所となるため、これから梅雨の時期にかけてどんどん数が増えていくと思われます。たくさんの卵塊が木々にぶら下がっている光景はなんとも神秘的です。

        今週末は、高原の森の中を散策し、自然体験をしてみませんか。皆様のお越しをお待ちしております。

     新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮をして実施します。当館へお越しの際は、マスク着用をお願いいたします。

     

    ≪5月23日(土)、24日(日)のイベント≫

    【自然観察の森の生きものたち展】
     自然観察の森で見られる植物や昆虫、鳥、哺乳類等の生きものを標本や剥製を展示し紹介する他、一部については生体でも展示し解説します。
     <時 間> 9:00~17:00
     <場 所> 本館 レクチャーホール

     

    【自然観察シリーズ】※24日(日)のみ
     自然観察の専門家のガイドと一緒に森を歩きながら、毎回ちがったテーマで六呂師高原の自然や楽しみ方を学びます。※雨天時は、館内の展示を解説します。

     <講 師> 大石橋 節子(福井県自然観察指導員)
     <テーマ> 高原の生きものたちは

     <時 間> 11:00~12:00  13:15~14:15  
           (所要時間約60分)
     <集 合> 開催時間までに、自然保護センター玄関前にお集まりください。
     <持ち物> 飲み物、長そで、長ズボン、ぼうし、タオル、マスク等

     

    ※観察棟は現在閉鎖中です。そのため、プラネタリウムや天体観望会は休止とさせていただいております。

  • 2020.05.08

     5月12日(火)より、自然保護センターは本館を開館し、屋内展示や窓口での対応を再開させていただきます。なお、当センターの観察棟は当面閉館とし、プラネタリウムや観望会等のプログラムは実施しません。

     また、5月17日(日)、24日(日)、31日(日)に実施予定の自然観察シリーズ(センター周辺の森をガイドとともに散策するプログラム)は、年間の行事案内の通り実施いたします。参加する場合は、マスク着用をお願いします。

     6月以降のイベント等に関しましては、今後の県内の状況を鑑みて、改めてお知らせいたします。

  • 2020.02.19

    【池ヶ原湿原展 開催中】
     2月16日(日)から4月5日(日)まで、当センターレクチャーホールにおいて「池ヶ原湿原展」を開催しています。本展では、池ヶ原湿原の生き物をはじめ、池ヶ原湿原を守るための取り組みについて紹介しています。また、勝山市立平泉寺小学校で作成された池ヶ原湿原のジオラマやヨシストローも併せて展示しています。
     展示期間中の土・日・祝日には、ヨシを利用したワークショップも実施中です。池ヶ原湿原で刈り取ったヨシを使い、環境にやさしいストローやヒンメリ(フィンランドの吊り飾り)等、簡単な工作を体験できます。ぜひご参加ください。

     <日 時> 2月16日(日)~4月5日(日)までの開館日
           9:00~17:00
           土・日・祝の10:00~、13:00~

          (所要30分程度)はヨシを利用したワークショップ
     <場 所> 本館 レクチャーホール

     ※チラシをダウンロード【PDF】【JPG】

     

    【冬の野鳥レストラン】
     たくさんの野鳥を間近で観察・撮影できる期間も残りわずかです。今週はオオアカゲラ、ヤマガラ、アオゲラの動画をフェイスブックにアップしています。こちらもぜひご覧ください。
    <日 時> 2月29日(土)までの開館日 9:00~17:00
          日・祝の10:00~15:00には専門家による解説を実施
    <場 所> 本館2階 森の学習室

     

    【冬の星空ガイド】
     プラネタリウムに代わり、冬の星空解説や星座の物語を上映します。
    <物 語> 「エリダヌス座の話」
    <場 所> 本館2階 会議室
    <時 間> ①11:00~ ②14:00~ ③15:00~ (所要30分程度)

  • 2020.02.14

    【冬の野鳥レストラン】
     2月11日(火)は六呂師高原にも約50㎝の積雪となりましたが、12日(水)からの暖気の影響で積雪がすっかりなくなってしまいました。しかし、冬の野鳥レストランにはたくさんの野鳥たちが来店し繁忙期となっています。
     2月からは、冬の野鳥レストランにやって来た野鳥たちの動画を、フェイスブックの自然保護センターページにて配信しています。今回アップするのは、アカゲラ、カケス、エナガの動画です。美味しそうに餌を食べる様子はとても可愛らしく、見ていると癒されます。どうぞご覧ください。

    エナガ

     ここ数日間で来店した野鳥は以下の通りです。
     ・ヤマガラ ・シジュウカラ ・ゴジュウカラ ・コガラ ・コゲラ ・カケス ・アカゲラ ・オオアカゲラ ・エナガ ・ツグミ ・ヒヨドリ ・アトリ ・ミヤマホオジロ ・メジロ
     ※なお、撮影専用の小屋は、積雪が少ないため、現在設置しておりません。

     この冬は、暖かい部屋の中から可愛い野鳥たちをご覧になりませんか。日曜と祝日には、専門家による詳しい解説も実施しますので、だれでも野鳥の特徴や名前等を簡単に学ぶことができます。今週末はぜひ自然保護センターへお越しください。

     <場 所>本館2階 森の学習室

     <時 間>9:00~17:00
          日曜・祝日の10:00~15:00にはガイドを実施

     

    【冬の星空ガイド】

     プラネタリウムに代わり、冬の星空解説や星座の物語を上映します。冬の夜空は最も一等星が多く昇り、とても豪華な星空が楽しめる季節です。ベテルギウス、リゲル、シリウス、プロキオン、ポルックス、カペラ、アルデバランの7つの一等星や、その付近の星座を中心に星空をガイドします。希望者には、冬の星座のしおりや誕生日星空シートをプレゼントします。
     <物 語> 「エリダヌス座の話」
     <場 所> 本館2階 会議室
     <時 間> ①11:00~ ②14:00~ ③15:00~
           (所要30分程度)