7月27日(金)妻平湿原作業にて

 夏、湿地や池に生息するトンボたちは、開けた水面のある場所を好みます。

 ところが梅雨から盛夏にかけて、植物はどんどん成長し、開けた水面をどんどん覆ってしまいます。そのため、夏から秋のトンボたちがたくさん集まって産卵できるようにするためには、水生植物が繁りすぎないように管理する必要があります。

 そこで自然保護センターでは、毎年この時期に、妻平湿原のヨシやマコモなどの抽水植物を抜いたり刈ったりして、伸びすぎないように管理する作業を行っています。

 去る7月27日、今年の猛暑にも負けず、職員一同、汗だくになりながら、トンボたちの楽園を守るために頑張りました。
 今年も8月から9月にかけて、ギンヤンマ、オオルリボシヤンマ、ショウジョウトンボ、ネキトンボなどのオシャレで色鮮やかなトンボたちの繁殖行動が観察できると思います。

作業前の妻平湿原before1
作業前の妻平湿原before2
作業後after1

 

作業後after2

 

ギンヤンマ
オオルリボシヤンマ
ショウジョウトンボ
ネキトンボ