今週末のイベント情報 7月13日(土)、14日(日)、15日(月祝)

【夏休みのイベント情報】
 小中学校は夏休みまであと1週間となりました。
センターでは、夏の六呂師高原を満喫できるさまざまな特別企画を実施します。みなさんのお越しを心よりお待ちしています。
 昆虫好きのあなた!7月27日(土)と8月3日(土)の夜には、「光に集まる虫を観察しよう!(ライトトラップ)」開催します。白い布を広げ、そこに光を当てることにより、昆虫類をおびき寄せます。講師の説明のもと、寄ってきた昆虫類を観察しましょう。同時刻には、天体観望会も実施しておりますので、夏の夜を十分に楽しむことができます。また、センター本館入口には「カブトムシタッチコーナー」を設置します。誰でもカブトムシを直接触ることができますので、こちらにもお立ち寄りください。
 鳥好きのあなた!8月11日(日祝)には、「鷹匠デモンストレーション」を開催します。タカを巧みに操る「鷹匠(たかじょう)」さんが、センター本館前の広場で、大きなタカをダイナミックに飛ばしたり、タカの生態について解説をしてくれます。タカの飛翔を間近で見ることができる絶好の機会です。また、センター本館の森の学習室では、ミニ展示「ふくいの猛禽類」を設置し、県内に生息しているワシ・タカ・フクロウなどの猛禽類(もうきんるい)をパネルやはく製で紹介します。生態系の頂点に位置する彼らの生態を学ぶことができます。
 もちろん、「四季の自然観察シリーズ」、「週末天体観望会」、「プラネタリウム」などの週末の体験プログラムもこれまで通り実施します。その他、特別観望会や天文教室などのイベントも多数ございます。

 

≪7月13日(土)、14日(日)、15日(月祝)≫

【池ヶ原湿原ガイド】 ※7月13日(土)のみ
 湿原の多くの動植物が見ごろとなる5月下旬から7月下旬にかけ、ガイドを実施します。
 <講 師> 矢村 健一(福井県自然観察指導員)

 <時 間> 11:00~12:00  13:15~14:15
       (所要時間約60分)
 <集 合> 開催時間までに、池ヶ原湿原駐車場にお集まりください。
 <持ち物> 飲み物、長そで、長ズボン、ぼうし、タオル等

 

【四季の自然観察シリーズ】※7月14日(日)、15日(月祝)のみ
 自然観察の専門家のガイドと一緒に森を歩きながら、毎回ちがったテーマで六呂師高原の自然や楽しみ方を学びます。※雨天時は、館内の展示を解説します。
●14日(日) 

 <講 師> 浅利 裕美(福井県自然観察指導員)
 <テーマ> 小さな生きものを観察しよう

●15日(月祝)

 <講 師> 斉藤 寿子(福井県自然観察指導員)
 <テーマ> 森の不思議を探しにいこう

 <時 間> 11:00~12:00  13:15~14:15  
       (所要時間約60分)
 <集 合> 開催時間までに、自然保護センター玄関前にお集まりください。
 <持ち物> 飲み物、長そで、長ズボン、ぼうし、タオル等

 

【六呂師高原のケモノたち はく製展示】

 六呂師高原で見られる野生動物たちのくらしを、はく製とセンサーカメラでとらえた映像とともに紹介します。小さなお子さまからお楽しみいただけます。

   <期 間> ~7月15日(月祝)まで
   <時 間>  9:00~17:00  随時受付

 

【プラネタリウム】
 夏の星座解説と星座の物語。
 <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
      (所要時間約40分)
 <星座の物語>
  午前 「豪傑ヘラクレスの話」
  午後 「悲しきオルフェウスの話」

 

【週末天体観望会】 ※7月13日(土)のみ 
 <7月のテーマ>「★最大の惑星『木星』★」
 <時 間> 19:30~21:30(時間内に観察棟までお越しください)
 ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。
  また、夜はかなり冷え込みます。お越しの際は防寒の上、足元に十分にご注意ください。