プラネタリウム・天体観望会について

 新型コロナウイルス感染拡大のため、5月末まで閉館していた当センター観察棟を、6月6日(土)より開館いたします。ただし、プラネタリウムと天体観望会においては、次のように制限を設けて実施いたします。

●プラネタリウム:1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)。

●週末天体観望会:入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度とさせていただきます)。

なお、入館される際には、マスク着用とアルコール消毒をお願いいたします。

 

 また、今後の当センター主催行事においても、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内容を変更し実施するものもございます(内容は今後HPに記載します)。当面の間、ご来館される皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

≪6月6日(土)、7日(日)≫

★観察棟
【プラネタリウム】
※1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)
春の星座解説と星座の物語。
 <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
      (所要時間約40分)
 <星座の物語>
  午前 「北斗七星の話」
  午後 「おおぐまこぐま物話」

 

【週末天体観望会】 ※6月6日(土)のみ 
※入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度)
 <6月のテーマ> ★『アルクトゥールス』と『スピカ』~星の色を比べて見よう~
 <時 間> 19:30~21:30(時間内に観察棟までお越しください)
  ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。

 

●自然観察の森
【四季の自然観察シリーズ】 ※6月7日(日)のみ
自然観察の専門家のガイドと一緒に森を歩きながら、毎回ちがったテーマで六呂師高原の自然や楽しみ方を学びます。※雨天時は、館内の展示を解説します。
 <講 師> 源野 みね子(福井県自然観察指導員)
 <テーマ> いろいろな形の葉っぱ探してみましょう
 <時 間> 11:00~12:00  13:15~14:15  
       (所要時間約60分)
 <集 合> 開催時間までに、自然保護センター玄関前にお集まりください。
 <持ち物> 飲み物、長そで、長ズボン、ぼうし、タオル等

 

◇本館
【自然観察の森の生きものたち展】
 自然観察の森で見られる植物や昆虫、鳥、哺乳類等の生きものを標本や剥製を展示し紹介する他、一部については生体でも展示し解説します。
 <期 間> 7月12日(日)までの開館日 9:00~17:00
 <場 所> レクチャーホール