センターからのお知らせ & 週末イベント情報 12月12日(土)、13日(日)

【ミニ展示『冬に見られるカモのなかまたち』】
 現在、自然保護センターでは、本館レクチャーホール前廊下にて、『冬に見られるカモのなかまたち』を展示紹介しています。
 冬鳥であるカモの仲間たちは、毎年冬になって寒くなってくると、冬越しのため大陸の方から日本へと、海を越えてはるばるとやってきます。冬の時期のカモたちは、オスの羽色がきれいな色の繁殖羽に変わり、識別の際のポイントになります。この展示では、そんな冬に見られるカモのなかまたちの姿を、はく製でご紹介します。センターにお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

 

【年末年始のお知らせ】
 当センターは令和2年12月28日(月)~令和3年1月4日(月)の間、休館とさせていただきます。なお、令和3年1月5日(火)からは通常通り開館いたします。
 また、センター観察棟においては、令和2年12月26日(土)から積雪や凍結による危険回避のため、2月末まで閉鎖とさせていただきます。利用者のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

≪12月12日(土)、13日(日)≫

★観察棟 ※積雪や凍結により臨時閉鎖する場合があります。
【プラネタリウム 冬番組】
※1回につき最大10名まで(座席は指定させていただきます)
 冬の星座について詳しい解説を聞いたり、星座にまつわる神話のお話を鑑賞することができます。
 <星座の物語>
  午前 「エリダヌス座の話」
  午後 「天の狩人オリオンの話」
 <時 間> 10:00~ 11:00~ 13:30~ 14:30~
     (所要時間約40分)
 
【週末天体観望会】 ※12月12日(土)のみ 
※入館者数最大20名まで(滞在時間は約30分間程度)
 <12月のテーマ> 『M45すばる(プレアデス星団)~散開星団ってなぁに?~』
 <時 間> 19:00~21:00(時間内に観察棟までお越しください)
 ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。
  十分な防寒対策をして、足元に気を付けてお越しください。