3月のプラネタリウム&天体観望会について

 自然保護センターの観察棟は3月6日(土)から再開し、プラネタリウムや天体観望会を実施いたします。ただし、3月6日(土)の午後のプラネタリウム(13:30~、14:30~)のみスタッフが会議のため、休止とさせていただきます。
 また、3月中は、降雪による危険回避のため、荒天時には急遽観察棟を閉鎖とさせていただく場合もございます。しばらくの間、ご来館される皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
※観察棟を臨時閉鎖する場合は、その都度HPに記載します。
 なお、観察棟は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の形態で運営をしております。ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

●プラネタリウム:1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)。
●週末天体観望会:入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度)。
入館される際には、マスク着用とアルコール消毒、記名をお願いいたします。

 

<週末イベント情報>
★観察棟
【プラネタリウム】
※1回につき最大20名まで(座席は指定させていただきます)
冬の星座解説と月のお話。(所要時間約40分)
 3月6日(土)10:00~、11:00~
   7日(日)10:00~、11:00~、13:30~、14:30~
 ※当初予定しておりました、番組後半の星座にまつわる物語は、諸事情により「月のお話」として内容を変更させていただきます。センタースタッフが月について楽しく詳しくお話します。

 

【週末天体観望会】 ※3月6日(土)のみ 
※入館者数最大30名まで(滞在時間は約30分間程度)
 <テーマ> ★『M42オリオン大星雲』~生まれたての星を見よう~
 <時 間> 19:00~21:00(時間内に観察棟までお越しください)
 ※曇・雨天時はプラネタリウムを上映します。