「イベント」カテゴリーアーカイブ

  • 2019.12.02

    詳細チラシ等は改めてお知らせします

     色づき始めた草や木の葉、木の実を探しながら、町なかより一足先にやってくる秋の高原を歩きましょう。五感を研ぎ澄まして、実りの秋を待っている生きものたちの様子も探ります。

    ※少雨決行、荒天時11/1に順延

  • 2019.12.01

    詳細チラシ等は改めてお知らせします

     夜、白い布に光を当てると、たくさんの虫たちが集まってきます。そんな虫たちを採集して観察すれば、夏休みの自由研究に活用できます。同時に週末天体観望会も開催しますので、夏の夜を十分に満喫できます!
    ※雨天中止

  • 2019.12.01

    詳細チラシ等は改めてお知らせします

     カタツムリは地域特産種が多く、各地にご当地カタツムリというべき種が生息しています。「カタツムリハンドブック」を執筆された西浩孝さんと一緒に福井のご当地カタツムリを探してみましょう。

  • 2019.11.01

    詳細チラシ等は改めてお知らせします

     自然保護センターが令和2年7月に開館30周年を迎えることを記念して、30年の間に集められた収蔵資料の中から特別なものをピックアップして展示する他、自然保護センターのこれまでの歩みをパネル等で紹介します。

  • 2019.05.19

     池ヶ原湿原では、保全活動により再生された多様な湿原の生物たちについて学ぶことができます。また、季節に応じて、湿原に群生する貴重な植物たちは一見の価値有りです。自然観察の専門家によるガイド付きで、誰でも気軽に自然と触れ合うことができます。ぜひご参加ください。

    【見ごろとなる動植物】

    <植物>レンゲツツジなど

    <動物>モリアオガエル・オオルリボシヤンマ・エゾイトトンボ・ギンヤンマ・ショウジョウトンボなど

    ※少雨決行、荒天中止

    池ケ原湿原チラシ

    ▼チラシをダウンロード

    ・チラシ【PDF】

    ・チラシ【JPG表面】【JPG裏面】

  • 2015.09.26

    DSC_5353

    池ヶ原湿原は県内随一の湿原です。この湿原と湿原にするトンボや植物を保全し、未来へとつないでいくため、ヨシを刈り取る活動をしてみませんか?

    ●内容

    ・カマやハサミを使ってヨシを刈り取ります。

    ・ハンノキの芽ばえを根から引き抜きます。

    ・刈られた草を集め、湿原の外に運び出します。

     

    ※少雨決行。作業実施の有無は、当日8:30以降に自然保護センターまで、お問い合わせください。

     

    ▼ダウンロード

    ポスター表面(JPG)  ポスター裏面(JPG)

    ポスター(PDF)